夏の遠足・土器づくり2021.7.11 秋の遠足会・箸墓古墳2020.11.15 感染対策を徹底した考古学実習

トップページ

同志社大学考古学研究室は1953年、酒詰仲男によって開設されました。
その後、森浩一・松藤和人・水ノ江和同と引き継がれ、やがて70年になります。
これまで、大学・研究機関・埋蔵文化財行政機関などへ多くの人材を輩出し、
日本における考古学研究と埋蔵文化財保護に大きく寄与してきました。

木曜定例研究会のお知らせ

2021年度秋学期の定例研はコロナの影響もあり、10月7日から開始します。今後もコロナにより流動的な運営になりますが、どうぞご理解・ご協力のほどよろしくお願いします。会場はいつもの通り、同志社大学新町キャンパス渓水館1階会議室。時間は18:30~20:00です。コロナでさまざまな制約もあるかと思いますが、状況が許す限りみなさまのご参加を期待します。

ニュース

2021年09月09日
木曜定例研究会(通称:定例研)の2021秋学期のラインアップです!
2021年05月10日
浜詰遺跡の2021年の夏季発掘調査も中止になりました!
2021年03月08日
近畿地区大学考古学連絡協議会
2020年12月15日
同志社大学歴史資料館・京都市考古資料館合同企画展 2020.12.15~2021.1.24 『同大生は見た!ーよみがえる京都のYayoiー』
2019年02月15日
同志社大学考古学シリーズ(論集)などを一部大幅に値下げ!ご購入ください!
» 続きを読む