同大生は見た! 秋の遠足会・箸墓古墳2020.1.15 木曜定例研究会1,100回記念 感染対策を徹底した考古学実習

、研究室刊行報告書、考古学研究室Tシャツ・ジャンパー

トップページ

同志社大学考古学研究室は1953年、酒詰仲男によって開設されました。
その後、森浩一・松藤和人・水ノ江和同と引き継がれ、やがて70年になります。
これまで、大学・研究機関・埋蔵文化財行政機関などへ多くの人材を輩出し、
日本における考古学研究と埋蔵文化財保護に大きく寄与してきました。

木曜定例研究会のお知らせ

2021年度の木曜定例研究会(定例研)は4月15日(木)から開始します。第1回目の4月15日は恒例の2・1回生による春季発掘報告会、第2回目の4月22日は鹿野吉則さん(堺市文化財保護課)による「世界文化遺産“百舌鳥古墳群”と中世都市“堺”」です。第3回目は5月13日です。会場は新町キャンパス渓水館1階の会議室です(18:30~20:00)。奮ってご参加ください!

ニュース

2021年02月24日
近畿地区大学考古学連絡協議会
2021年02月24日
木曜定例研究会(通称:定例研)の2021春学期のラインアップです!
2020年12月15日
同志社大学歴史資料館・京都市考古資料館合同企画展 2020.12.15~2021.1.24 『同大生は見た!ーよみがえる京都のYayoiー』
2020年06月16日
浜詰遺跡の2020年の夏季発掘調査は中止になりました!
2019年10月12日
関西縄文文化研究会3月例会は延期になりました。日程はまたお知らせします。
» 続きを読む