ライン

国際政治経済学     IPEの果樹園

小野塚 佳光 研究室はじめて読まれる方に


********のReview 2/27-3/4******

分断ではなく、地域の統合化を目指す、
厚い・深い政治的コミュニティーを築くために、
重要な政策領域の知識・情報・論争を組織することが、
現代の政治国家の新しい役割だと思います。


********のReview 2/20-25******

グローバルな政治経済秩序をめぐる闘いは重層化しています.
EU
は,Brexitによってイギリスを失い、
カナダとは貿易・投資協定を結びます。
ギリシャ債務危機は再燃し、
フランスでル・ペン大統領が誕生すれば、ユーロ圏は崩壊します。
メルケル後のドイツも議論され始めました。


********のReview 2/13-18******

親が苦労している姿を幼い時から見ている子供たちは、
ほしいものを我慢し、
食費を切り詰め、
親の助けになるように、家事をこなします。
子供たちは、遅く帰宅する母親に、
「洗濯物のアイロンかけをしなくてもいいよ」というメモを残して寝ます.


********のReview 2/6-11******

優れたアイデアは多くの人に広まることで影響を強め、
さまざまな分野で思いがけない革新を加速し、
大きな化学変化をもたらすと思います.


主要な出典
Bloomberg, China Daily, FP: Foreign Policy, FT: Financial Times, Global Times (China),
The
Guardian, NYT: New York Times, Project Syndicate, SPIEGEL ONLINE,
WP: Washington Post, WSJ: Wall Street Journal Asia, VOX, Yale Global
そして、The Economist (London)


JBpress: Financial Times, The Economistの日本語訳
 http://jbpress.ismedia.jp/
Bloomberg, 日本語版 http://www.bloomberg.co.jp/news/commentary.html
ロイター コラム http://jp.reuters.com/news/globalcoverage/column
ニューズウィーク 日本版 コラム http://www.newsweekjapan.jp/column/


検索! できます.   更新記録 What's New ?
                      注) もし印刷される場合は,文字のサイズを最小にして下さい.


社説+Columns________******______これまでのReview


拙稿「アメリカ金融危機と資本主義の救済
『現代の理論』第20号 2009年 所収



最近,前田さんと翻訳しました.安全保障と経済・社会統合との結びつきを考えます.

ジョン・ジェラルド・ラギー著 『平和を勝ち取る』 岩波書店


桜井先生や千葉先生も書いてる,テキストに参加しました.鳴瀬さん,山川さん,ご無沙汰してます.

『現代世界経済をとらえる Ver.5』 東洋経済新報社

          

このホームページから作った私の本です.ご一読ください.
『グローバリゼーションを生きる』

>>>>>>> >>>>>>> 

 ウィリアムソンの拙訳です.面白いです.ご一読下さい.

・・・簡単に内容を紹介しました。ご参考までに
・・・付録


『日本経済新聞』、『週刊 東洋経済』11/5 『経済セミナー』に書評が載りました。


ヨーロッパ移民政策の調査旅行 2006年3月


アルゼンチン通貨危機の調査旅行 2005年3月


アイスランドで考えたこと:調査旅行 2009年3月 

(English): Brief Considerations after Visiting Iceland (March 9-13, 2009)

経済学部セミナー 「氷の国で考えたこと:世界資本主義の行方」

★★★ 東北被災地への調査旅行(写真)  2012年2月26日〜3月7日 ★★★


グロ−バル化の政治経済学の画像 >>>>>>>>>>>>

桜井先生との編著です.            安倍先生との訳書です.
                          とても面白いです.本当に!

質問・意見のある方はメールをください。

メール: YONOZUKAを小文字で打って,その後に@とmail.doshisha.ac.jp を付けてください.
すべて半角英数小文字です.


レポート提出の場合、必ず科目名を明記し、
氏名、学生ID、も最初に書いてください。


 IPEの付録     人物と風景    海外留学日誌から



IPE書評集 2006ゼミ


...IPEで考える



担当科目の説明

アイコン
歴史と思想
アイコン
IPE入門
アイコン
国際通貨制度
ライン