国際政治経済学


IPEの果樹園


2020年春は 36450 から
2020年秋は 38587 から

小野塚 佳光 研究室 はじめて読まれる方に※


********のReview 2/22******


グローバル・ガバナンスの「天地明察」を見つけたい。


********のReview 2/15******


90年代に生まれた若者たちは、共産党の権威に逆らったりしない。
中国が豊かになったこと、
国際的な地位が高まっていくことを誇りに思っている。


********のReview 2/8******


何が問題だったかを良く学んで、
日本のさまざまな分野で続く支配的な男性社会の価値観、
政治的コネによる密室の調整、権力や富の老人による既得権化・・・など、
すべて徹底的に改革する、と約束すること、そして、オリンピックに至る発言と行動でそれを示すことでしょう。


********のReview 2/1******


正しいと信じることを、
地位や名誉を捨てる覚悟で発言する瞬間は、
おそらく、何度かあるはずです。


********のReview 1/25******


ロシアに帰ったナワルニーや、ウガンダ大統領選挙に立候補したボビー・ワイン、
香港で収監された周庭、黄之鋒のような、
本当に勇気ある政治活動家たちに、私は感動します。



主要な出典
FP: Foreign Policy, FT: Financial Times,
The Guardian, NYT: New York Times, Project Syndicate, SPIEGEL ONLINE,
VOX, Yale Global そして、The Economist (London)


JBpress: Financial Times, The Economistの日本語訳 http://jbpress.ismedia.jp/
Bloomberg, 日本語版 http://www.bloomberg.co.jp/news/commentary.html
ロイター コラム http://jp.reuters.com/news/globalcoverage/column
ニューズウィーク 日本版 コラム http://www.newsweekjapan.jp/column/


検索! できます.   更新記録 What's New ?
                      注) もし印刷される場合は,文字のサイズを最小にして下さい.




社説+Columns    ******    これまでのReview




拙稿「労働者の支持するグローバリゼーションと自律の時代に向けて
パンデミック×ポピュリスト×政治経済学」(上)
『現代の理論』第23 2020年 所収

(下)
『現代の理論』第24号 2020年 所収

拙稿「アメリカ金融危機と資本主義の救済」
『現代の理論』第20号 2009年 所収



 

最近,前田さんと翻訳しました.安全保障と経済・社会統合との結びつきを考えます.

ジョン・ジェラルド・ラギー著 『平和を勝ち取る』 岩波書店



桜井先生や千葉先生も書いてる,テキストに参加しました.鳴瀬さん,山川さん,ご無沙汰してます.

『現代世界経済をとらえる Ver.5』 東洋経済新報社


       

このホームページから作った私の本です.ご一読ください.
新著!『ブレグジット×トランプの時代』 と 『グローバリゼーションを生きる』



    

ウィリアムソンの拙訳です.面白いです.ご一読下さい.
・・・簡単に内容を紹介しました。ご参考までに。・・・付録


『日本経済新聞』、『週刊 東洋経済』11/5 『経済セミナー』に書評が載りました。



ヨーロッパ移民政策の調査旅行 2006年3月

アルゼンチン通貨危機の調査旅行 2005年3月

アイスランドで考えたこと:調査旅行 2009年3月

(English): Brief Considerations after Visiting Iceland (March 9-13, 2009)

経済学部セミナー 「氷の国で考えたこと:世界資本主義の行方」

★★★ 東北被災地への調査旅行(写真)  2012年2月26日~3月7日 ★★★

LA マラソン2017・・・トランピア探訪記 2017年3月


        

桜井先生との編著です.        安倍先生との訳書です.
                      とても面白いです.本当に!

質問・意見のある方はメールをください。

メール: YONOZUKAを小文字で打って,その後に@とmail.doshisha.ac.jp を付けてください.
すべて半角英数小文字です.


IPEの付録

人物と風景

海外留学日誌から



IPE書評集 2006ゼミ




...IPEで考える




担当科目の説明


歴史と思想

IPE入門

国際通貨制度