木曜定例研究会(通称:定例研)の2021春学期のラインアップです!

★★★2021年春学期の木曜定例研究会は下記の通りです。★★★

【第1107回 2021.4.15】  学生による春休み発掘調査報告

【第1108回 2021.4.22】  鹿野吉則(堺市文化財保護課)
               「世界文化遺産『百舌鳥古墳群』の考古学と中世都市『堺』」

【第1109回 2021.5.13】 廣重知樹(同志社大学大学院博士後期課程1回生)
               「九州縄文時代前期後半の土器編年」

【第1110回 2021.5.20】 鋤柄俊夫(同志社大学文化財保護研究センター研究員))
        「遺跡の本質的価値についてー近江敏満寺・土佐遍路礼所・新宮城下町の検討からー」

【第1111回 2021.5.27】 角谷江津子(同志社大学非常勤講師) 
               「出土京焼研究の方法と課題」

【第1112回 2021.6.3】 若林邦彦(同志社大学歴史資料館)

【第1113回 2021.6.10】 岸岡貴英(京都府文化政策課)                
               「乙訓古墳群の歴史的意義」
【第1114回 2021.6.17】 小島孝修(滋賀県文化財保護協会)
【第1115回 2021.6.24】 真鍋成史(交野市教育委員会)
【第1116回 2021.7.1】 辻川哲朗(滋賀県文化財保護協会)
【第1117回 2021.7.8】 浜中邦弘(同志社大学歴史資料館)
【第1118回 2021.7.15】 
【第1119回 2021.7.22】 井川瑞季・大西早織(同志社大学文学部4回生)

 

2021年02月24日