同志社大学理工学部 化学システム創成工学科
計測分離工学研究室

スライド画像について

微小領域(マイクロチャネル;幅0.050~0.300mm)内に、様々な不可思議な流れを見出しました。スライド画像は、それらの蛍光顕微鏡写真です。流れのメカニズムを解明しながら、新しい科学技術を提案し、開発を進めています。また、微小領域の流れの中で、新たな自然観を、計測を通して見つめていきます。

微小領域の流れを使って

省エネを実現します。使用する試薬や溶媒の量を1万分の1以下に削減します。環境に優しい計測分離を目指します。
手の平サイズの分析装置を開発します。いつでもどこでも簡単に豊富なデータを得ることができます。AI、I o T、BigDataが牽引する未来社会に貢献します。
特異的生体成分の情報読み込みに挑戦します。層流条件下、等速度の動的液−液界面を、新たな分子・細胞認識の場として活用します。癌タンパク質、癌細胞、特異的遺伝子等を分析します。

ご挨拶

私たち「計測分離工学研究室」では、
  皆で知恵を出し合い議論しながら、
    完成した機器の使用や既存の考え方を利用することに甘んずることなく、
  常に新しい分離や計測の手法を提案し、
    基礎から応用まで幅広い研究に取り組んでいきたい
と思っています。

この自由で平和のなか、何不自由することなく、
  皆で勉学に勤しめる環境にいることを、
    森羅万象、すべてに相共に感謝したいと思います。

私たちは、縁あって「計測分離工学研究室」に集まってきた仲間です。
 「一期一会」
を大切にしたいと思います。それぞれの立場や考えを理解しあえる生涯の仲間(友人)に、ここで出会えることを願っています。

お知らせ

掲載予定です。 NEW 森 龍輝君と仲田祐子さんの修士論文研究の内容が、国際学術雑誌「Journal of Flow Injection Analysis」に掲載されることが決まりました。
掲載予定です。 NEW 分離技術会会誌「分離技術」(特集 クロマト技術の最前線)に、「相分離混相流の発見とクロマト分離技術への応用;塚越一彦」が掲載されることが決まりました。
採用されました。 NEW 国際学術雑誌「Analytical Sciences, Volume 35, Number 3」の表紙デザインに計測分離工学研究室の研究データが採用されました。
掲載予定です。 NEW 和田 奨君の修士論文研究の内容が、国際学術雑誌「Analytical Sciences」に掲載されることが決まりました。
受賞しました。 第55回フローインジェクション分析講演会で、吉岡 文さんが、若手優秀講演賞を受賞しました。2018年11月16日:
発表題目「PEG/クエン酸三ナトリウム水性二相系を用いた相分離混相流の創出と流れ分析の試み」
発表しました。 日本化学会第99春季年会 (2019),甲南大学 岡本キャンパス,2019年3月16-19日:
「水/親水性/疎水性有機溶媒三成分混合溶液を用いたシュウ酸エステル化学発光の観察」◯韓 氷・水谷 良・塚越一彦
掲載されました。 山脇 文君の修士論文研究の内容が、国際学術雑誌「Analytical Sciences」に掲載されました。
講演しました。 同志社大学理工学部同窓会「理工会」東京支部2018年度総会,東京,2019年1月18日:
「理工学部の現状と今後」 塚越一彦(理工学部長 特別講演)
発表しました。 14th International Conference on Flow Analysis (Flow Analysis XIV); December 2-7, 2018, Bangkok, Thailand:
"Mixing process of ternary mixed solutions in a tapered-microchannel and application to sensing microfluidic flow analysis" 〇Ryuki Mori, Yuko Nakata, Kazuhiko Tsukagoshi, Katsumi Tsuchiya, Masaki Kato, Ken Hirota, Kenichi Yamashita, Masaharu Murata.
"Phase separation multi-phase flow using an aqueous two-phase polyethylene glycol/trisodium citrate mixed solution system and its application to flow analysis" 〇Aya Yoshioka, Kazuhiko Tsukagoshi, Katsumi Tsuchiya, Masaki Kato, Ken Hirota, Kenichi Yamashita, Masaharu Murata.
"Development of tube radial distribution chromatography based on phase separation multiphase flow created via pressure loss" 〇Susumu Wada, Kazuhiko Tsukagoshi, Katsumi Tsuchiya, Masaki Kato, Ken Hirota, Kenichi Yamashita, Masaharu Murata.
講演しました。 第37回溶媒抽出討論会,同志社大学烏丸キャンパス,2018年11月26-27日:
「相分離混相流の学術的体系化と分離・抽出への技術展開」(特別講演)塚越一彦
発表しました。 第55回フローインジェクション分析講演会,芝浦工業大学豊洲キャンパス,2018年11月16日:
「PEG/クエン酸三ナトリウム水性二相系を用いた相分離混相流の創出と流れ分析の試み」〇吉岡 文・塚越 一彦
発表しました。 日本分析化学会近畿支部創設65周年記念講演会, 大阪市立大学学術情報総合センター, 2018年11月2日:
「微小領域における特異的流体流れの学術的および技術的体系化に向けて」塚越一彦
講演しました。 ロームフェア2018プレイベント, 同志社大学京田辺キャンパス,2018年9月21日:
「大学教育とエンジニアへの道」塚越一彦
掲載されました。 今西史哉君の修士論文研究の内容が、国際学術雑誌「Analytical Sciences」に掲載されました。
掲載されました。 山田健斗君の修士論文研究の内容が、国際学術雑誌「Talanta」に掲載されました。
発表しました。 日本化学会第98春季年会(2018),日本大学理工学部 船橋キャンパス,2018年3月20-23日:
「相分離混相流を利用した管径方向分配クロマトグラフィーにおける一理論段相当高さからの考察」◯松下千紘・小川和浩・須川裕樹・塚越一彦
「圧力損失に基づく相分離混相流を利用した管径方向分配クロマトグラフィーの開発」◯和田 奨・中山裕加理・塚越一彦
「HP-TRDCの開発と光学異性体分離の試み」◯真田信之・小川和浩・中田晃陽・山田健斗・塚越一彦
「水/親水性/疎水性有機溶媒混合液と三成分系混合溶液を用いた特異的微小流体挙動の観察」◯森 龍輝・仲田裕子・山脇 文・塚越一彦

思いのままに

 数値やランキングで、多くの事柄が、評価されています。「株式時価総額の世界ランキング」もその一つでしょう。平成元年は、上位5社はすべて日本企業、上位10社中でも日本企業が7社をしめており、上位50社中で32社を日本企業がしめていました。それが、今年の3月末では、上位50社中に、日本企業は自動車メーカーの1社だけ(45位)となっています(毎日新聞5月3日朝刊;記者の目)。日本経済は、平成の30年の間に世界から取り残された感がある、というコメントが書かれていました。素人としては、株式時価総額だけで、日本経済を評価できるはずがない、まだまだ潜在的な力が残されているはずと、勝手に思っているところ、思いたいところです。

 「THE世界大学ランキング 2019」もネット上で見ることができます。50位以内に日本の大学が1校入っています。そんなはずはないだろう、と思ってしまいます。多数の評価項目からみたランク付けでしょうが、その評価項目は、はたして適切なのだろうかと、疑ってしまいます。数値化して一つの線上に並べるランキングは、わかりやすいけど、当然ながら、決してそれが全てではないと思います。一方、唯一50位内にランクインしたその大学で、今年初めて、女性の学部長が誕生したとの記事を、読みました(京都新聞5月23日朝刊;時のひと)。少し意外でした。歴代女性学部長の総数という項目で、日本の大学を並べていくと、また一味違う風景が見えてくるのかもしれせん。良くも悪くも数値化やランキングで評価される時代になっています。

 先日、学校法人同志社のそれぞれの学校の園長、校長、大学長の先生方から近況を聞かせていただく貴重な機会に恵まれました。改めて、学校法人同志社には、同志社幼稚園、同志社国際学院初等部・国際部、同志社小学校、同志社国際中学校・高等学校、同志社女子中学校・高等学校、同志社香里中学校・高等学校、同志社中学校・高等学校、同志社女子大学・大学院、同志社大学・大学院があることを認識しました。それぞれのお話から、園児、生徒、学生さんのいきいきと躍動する光景が、まぶたに浮かびました。このように幼稚園から女子大までをも有する学校法人の構成は、私が知る限り、他に類を見ません。その独自性や魅力、これまでの教育・研究の実績、将来に託された夢は、決して数値化やランキングで表現できるものではないと思います。

 テレビ番組に、「NHKスペシャル AIに聞いてみた どうすんのよ!?ニッポン」というのがあります。これまで、『超未婚社会』、『健康寿命』、『働き方』などがテーマとして取り上げられてきました。数値化やランキングとは対象的に、AIは、すべてのデータ、ビッグデータを網羅的に捉えていって、人が思いも寄らないような結論を導いていました。一度、勇気を出して、「AIに聞いてみた どうすんのよ!?ニッポン」『大学の教育と研究』を取り上げてみては、と思いました。AIからは、学校法人同志社、そして同志社大学は、どのように見られるのでしょうか。昨今の数値化やランキングではなく、近い将来、AIがビッグデータを使って、超多面的にかつ網羅的に大学評価をする時代が訪れてもおかしくないように思います。それに備える時期が既に来ているのかもしれません。

PAGE TOP