同志社大学理工学部 化学システム創成工学科
計測分離工学研究室

スライド画像について

微小領域(マイクロチャネル;幅0.050~0.300mm)内に、様々な不可思議な流れを見出しました。スライド画像は、それらの蛍光顕微鏡写真です。流れのメカニズムを解明しながら、新しい科学技術を提案し、開発を進めています。また、微小領域の流れの中で、新たな自然観を、計測を通して見つめていきます。

微小領域の流れを使って

省エネを実現します。使用する試薬や溶媒の量を1万分の1以下に削減します。環境に優しい計測分離を目指します。
手の平サイズの分析装置を開発します。いつでもどこでも簡単に豊富なデータを得ることができます。AI、I o T、BigDataが牽引する未来社会に貢献します。
特異的生体成分の情報読み込みに挑戦します。層流条件下、等速度の動的液−液界面を、新たな分子・細胞認識の場として活用します。癌タンパク質、癌細胞、特異的遺伝子等を分析します。

ご挨拶

私たち「計測分離工学研究室」では、
  皆で知恵を出し合い議論しながら、
    完成した機器の使用や既存の考え方を利用することに甘んずることなく、
  常に新しい分離や計測の手法を提案し、
    基礎から応用まで幅広い研究に取り組んでいきたい
と思っています。

この自由で平和のなか、何不自由することなく、
  皆で勉学に勤しめる環境にいることを、
    森羅万象、すべてに相共に感謝したいと思います。

私たちは、縁あって「計測分離工学研究室」に集まってきた仲間です。
 「一期一会」
を大切にしたいと思います。それぞれの立場や考えを理解しあえる生涯の仲間(友人)に、ここで出会えることを願っています。

お知らせ

受賞しました。 第55回フローインジェクション分析講演会で、吉岡 文さんが、若手優秀講演賞を受賞しました。2018年11月16日:
発表題目「PEG/クエン酸三ナトリウム水性二相系を用いた相分離混相流の創出と流れ分析の試み」
掲載予定です。 山脇 文君の修士論文研究の内容が、国際学術雑誌「Analytical Sciences」に掲載されることが決まりました。
発表予定です。 日本化学会第99春季年会 (2019),甲南大学 岡本キャンパス,2019年3月16-19日:
「水/親水性/疎水性有機溶媒三成分混合溶液を用いたシュウ酸エステル化学発光の観察」◯韓 氷・水谷 良・塚越一彦
講演しました。 同志社大学理工学部同窓会「理工会」東京支部2018年度総会,東京,2019年1月18日:
「理工学部の現状と今後」 塚越一彦(理工学部長 特別講演)
発表しました。 14th International Conference on Flow Analysis (Flow Analysis XIV); December 2-7, 2018, Bangkok, Thailand:
"Mixing process of ternary mixed solutions in a tapered-microchannel and application to sensing microfluidic flow analysis" 〇Ryuki Mori, Yuko Nakata, Kazuhiko Tsukagoshi, Katsumi Tsuchiya, Masaki Kato, Ken Hirota, Kenichi Yamashita, Masaharu Murata.
"Phase separation multi-phase flow using an aqueous two-phase polyethylene glycol/trisodium citrate mixed solution system and its application to flow analysis" 〇Aya Yoshioka, Kazuhiko Tsukagoshi, Katsumi Tsuchiya, Masaki Kato, Ken Hirota, Kenichi Yamashita, Masaharu Murata.
"Development of tube radial distribution chromatography based on phase separation multiphase flow created via pressure loss" 〇Susumu Wada, Kazuhiko Tsukagoshi, Katsumi Tsuchiya, Masaki Kato, Ken Hirota, Kenichi Yamashita, Masaharu Murata.
講演しました。 第37回溶媒抽出討論会,同志社大学烏丸キャンパス,2018年11月26-27日:
「相分離混相流の学術的体系化と分離・抽出への技術展開」(特別講演)塚越一彦
発表しました。 第55回フローインジェクション分析講演会,芝浦工業大学豊洲キャンパス,2018年11月16日:
「PEG/クエン酸三ナトリウム水性二相系を用いた相分離混相流の創出と流れ分析の試み」〇吉岡 文・塚越 一彦
発表しました。 日本分析化学会近畿支部創設65周年記念講演会, 大阪市立大学学術情報総合センター, 2018年11月2日:
「微小領域における特異的流体流れの学術的および技術的体系化に向けて」塚越一彦
講演しました。 ロームフェア2018プレイベント, 同志社大学京田辺キャンパス,2018年9月21日:
「大学教育とエンジニアへの道」塚越一彦
掲載されました。 今西史哉君の修士論文研究の内容が、国際学術雑誌「Analytical Sciences」に掲載されました。
掲載されました。 山田健斗君の修士論文研究の内容が、国際学術雑誌「Talanta」に掲載されました。
発表しました。 日本化学会第98春季年会(2018),日本大学理工学部 船橋キャンパス,2018年3月20-23日:
「相分離混相流を利用した管径方向分配クロマトグラフィーにおける一理論段相当高さからの考察」◯松下千紘・小川和浩・須川裕樹・塚越一彦
「圧力損失に基づく相分離混相流を利用した管径方向分配クロマトグラフィーの開発」◯和田 奨・中山裕加理・塚越一彦
「HP-TRDCの開発と光学異性体分離の試み」◯真田信之・小川和浩・中田晃陽・山田健斗・塚越一彦
「水/親水性/疎水性有機溶媒混合液と三成分系混合溶液を用いた特異的微小流体挙動の観察」◯森 龍輝・仲田裕子・山脇 文・塚越一彦

思いのままに

 大寒が過ぎてから2週間ぐらいが一年で最も寒い時季と聞きます。確かに、朝、吐く息も白く、路面が凍っているときもあります。しかし、日は確実に長くなっていますし、日差しもどことなく明るさを感じます。梅がほころび、来月末には桜が満開となることでしょう。そして、5月は新緑の季節となります。多少の遅い早いがあったとしてもほぼ同じように一年が過ぎていきます。季節が移り、一年が過ぎ、それが積み重なって、人の年齢になっていく。その当たり前の一年、一年を、有り難いことと思う年になってきました。

 私は夏が好きです。なぜだかよくわかりません。今は、体力的に決して過ごしやすい季節とは言えません。おそらく、子供の頃、朝から晩まで遊びまわっていた夏休みの思い出に支配されているのでしょう。夏は楽しくてたまらなかった。でも、振り返ると、自分の子供達が小学生であった頃も、一緒に遊んで、楽しい夏を過ごしていました。2度目の楽しい夏ということになります。

 そして、3度目の楽しい夏、すなわち、孫と遊ぶ楽しい夏は、やって来るでしょうか。まあ、こればかりはわかりません。でも楽しみにしています。眩しい夏の日差しの中で、孫たちと3度目の楽しい夏を経験できたら、ひとまず、幸せでしょう。そして、3度目の楽しい夏が終わると、人生もそろそろ店じまいになっていくのでしょう。

 子や孫のことを言うのは、いささかセルフィッシュなところがあると思います。様々なお立場や生活環境におられる方もいらっしゃいます。「not for self」、新島先生が学んだフィリップス・アカデミー高校のスクール・モットーです(Mさんから教えてもらいました)。この心持ちに少しでも近づければと思います。仕事を通してまた退職後はボランティア活動等を通して、家族のみならず広く次の世代にお役に立てるよう過ごしていきたいと、僭越ながら、思っています。

 ところで、この文章を書きながら、ふと、4度目の楽しい夏に、はじめて思いが至りました。ひ孫と過ごす夏です。可能性として否定はできません。どうしてもセルフィッシュな自分から抜け出せません。「not for self」を意識しつつ、血圧をチェックし、体重計にのる毎日が始まっています。

PAGE TOP