同志社大学理工学部 化学システム創成工学科
計測分離工学研究室

スライド画像について

微小領域(マイクロチャネル;幅0.050~0.300mm)内に、様々な不可思議な流れを見出しました。スライド画像は、それらの蛍光顕微鏡写真です。流れのメカニズムを解明しながら、新しい科学技術を提案し、開発を進めています。また、微小領域の流れの中で、新たな自然観を、計測を通して見つめていきます。

微小領域の流れを使って

省エネを実現します。使用する試薬や溶媒の量を1万分の1以下に削減します。環境に優しい計測分離を目指します。
手の平サイズの分析装置を開発します。いつでもどこでも簡単に豊富なデータを得ることができます。AI、I o T、BigDataが牽引する未来社会に貢献します。
特異的生体成分の情報読み込みに挑戦します。層流条件下、等速度の動的液−液界面を、新たな分子・細胞認識の場として活用します。癌タンパク質、癌細胞、特異的遺伝子等を分析します。

ご挨拶

私たちは、縁あって「計測分離工学研究室」に集まってきた仲間です。
 「一期一会」
を大切にしたいと思います。それぞれの立場や考えを理解しあえる生涯の仲間(友人)に、ここで出会えることを願っています。

そして大事なこと、私たち「計測分離工学研究室」では、
  皆で知恵を出し合い議論しながら、
    完成した機器の使用や既存の考え方を利用することに甘んずることなく、
  常に新しい分離や計測の手法を提案し、
    基礎から応用まで幅広い研究に取り組んでいきたい
と思っています。

もう一つ大切なこと、
  この自由で平和のなか、何不自由することなく、
    皆で勉学に勤しめる環境にいることを、
      森羅万象、すべてに相共に感謝したいと思います。

お知らせ

受賞しました。 NEW 第55回フローインジェクション分析講演会で、吉岡 文さんが、若手優秀講演賞を受賞しました。2018年11月16日:
発表題目「PEG/クエン酸三ナトリウム水性二相系を用いた相分離混相流の創出と流れ分析の試み」
掲載予定です。 NEW 山脇 文君の修士論文研究の内容が、国際学術雑誌「Analytical Sciences」に掲載されることが決まりました。
発表予定です。 NEW 日本化学会第99春季年会 (2019),甲南大学 岡本キャンパス,2019年3月16-19日:
「水/親水性/疎水性有機溶媒三成分混合溶液を用いたシュウ酸エステル化学発光の観察」◯韓 氷・水谷 良・塚越一彦
発表しました。 14th International Conference on Flow Analysis (Flow Analysis XIV); December 2-7, 2018, Bangkok, Thailand:
"Mixing process of ternary mixed solutions in a tapered-microchannel and application to sensing microfluidic flow analysis" 〇Ryuki Mori, Yuko Nakata, Kazuhiko Tsukagoshi, Katsumi Tsuchiya, Masaki Kato, Ken Hirota, Kenichi Yamashita, Masaharu Murata.
"Phase separation multi-phase flow using an aqueous two-phase polyethylene glycol/trisodium citrate mixed solution system and its application to flow analysis" 〇Aya Yoshioka, Kazuhiko Tsukagoshi, Katsumi Tsuchiya, Masaki Kato, Ken Hirota, Kenichi Yamashita, Masaharu Murata.
"Development of tube radial distribution chromatography based on phase separation multiphase flow created via pressure loss" 〇Susumu Wada, Kazuhiko Tsukagoshi, Katsumi Tsuchiya, Masaki Kato, Ken Hirota, Kenichi Yamashita, Masaharu Murata.
講演しました。 第37回溶媒抽出討論会,同志社大学烏丸キャンパス,2018年11月26-27日:
「相分離混相流の学術的体系化と分離・抽出への技術展開」(特別講演)塚越一彦
発表しました。 第55回フローインジェクション分析講演会,芝浦工業大学豊洲キャンパス,2018年11月16日:
「PEG/クエン酸三ナトリウム水性二相系を用いた相分離混相流の創出と流れ分析の試み」〇吉岡 文・塚越 一彦
発表しました。 日本分析化学会近畿支部創設65周年記念講演会, 大阪市立大学学術情報総合センター, 2018年11月2日:
「微小領域における特異的流体流れの学術的および技術的体系化に向けて」塚越一彦
講演しました。 ロームフェア2018プレイベント, 同志社大学京田辺キャンパス,2018年9月21日:
「大学教育とエンジニアへの道」塚越一彦
掲載されました。 今西史哉君の修士論文研究の内容が、国際学術雑誌「Analytical Sciences」に掲載されました。
掲載されました。 山田健斗君の修士論文研究の内容が、国際学術雑誌「Talanta」に掲載されました。
発表しました。 日本化学会第98春季年会(2018),日本大学理工学部 船橋キャンパス,2018年3月20-23日:
「相分離混相流を利用した管径方向分配クロマトグラフィーにおける一理論段相当高さからの考察」◯松下千紘・小川和浩・須川裕樹・塚越一彦
「圧力損失に基づく相分離混相流を利用した管径方向分配クロマトグラフィーの開発」◯和田 奨・中山裕加理・塚越一彦
「HP-TRDCの開発と光学異性体分離の試み」◯真田信之・小川和浩・中田晃陽・山田健斗・塚越一彦
「水/親水性/疎水性有機溶媒混合液と三成分系混合溶液を用いた特異的微小流体挙動の観察」◯森 龍輝・仲田裕子・山脇 文・塚越一彦

思いのままに

新聞の書籍コラムに紹介があった「超訳ニーチェの言葉」(白取春彦訳)を読んでいます。数時間あれば読み切れる分量ですが、寝る前に、時々、少しずつページをめくっている状況です。

この「超訳ニーチェの言葉」は、1ページの読み切りになっており、190の項目で構成されています。最近、読んだところで気になっているのは、以下の項目です。127番目になります。

127;街へ出よう
雑踏の中へ入れ。人の輪の中へ行け。みんながいる場所へ向かえ。
(省略)
孤独でいるのはよくない。孤独は君をだらしなくしてしまう。孤独は人間を腐らせてダメにしてしまう。さあ、部屋を出て、街へ出かけよう。

私は一人で過ごすのが好きです。「街へ出よう」の内容は、私の日常にいささか反するものなのですが、なぜだか素直に受け止められて、そうしようと思ってしまいます。

ニーチェの言葉の不思議な力は、どこから湧き出ているのでしょうか。私は、学生の時、第2外国語として、ドイツ語を履修しています。ニーチェはドイツ人ですが、原著は、ドイツ語で書かれているということでしょうか。訳者を介さず、原書で読むとどう感じるのでしょうか。ニーチェの考え方にもっと近づくことができるでしょうか。さらにニーチェの思想を知ろうとすると、自分での原著の翻訳だけでは不十分で、ニーチェが育った環境や社会、時代から学ばないといけなのだろうとも思います。しかしながら、今更、原書で読むことも含め、そのようなことができるはずもありません。

訳者は、このようなことを学び、そしてそれらを土台にして、この書物「超訳ニーチェの言葉」を書いているのだと思います。「超訳」というところには、訳者の主観が少し入ってきているとも考えられますが、私は、それは構わないとしています。だから、このような訳本を読むのが、私にとって、ニーチェに近づく、ニーチェを知るための近道であり、また唯一の方法となります。◯◯文学という学問領域の根底にあるものがおぼろげに見えてくるような気がしています。

PAGE TOP