同志社大学 スポーツ健康科学部上林研究室 (運動制御研究室)Kamibayashi Lab. (Motor Control Lab.)
Faculty of Health and Sports Science
Doshisha University

 身体運動は骨格筋の収縮によって生み出され、その筋収縮は脳や脊髄の中枢神経系によって制御されていますが、神経系が運動を制御するメカニズムの詳細はまだ十分に理解されていません。本研究室では、二足歩行のような日常での基本的な動作からアスリートの巧みな運動パフォーマンスまでヒトの身体運動を対象に、神経生理学的アプローチから運動制御・学習メカニズムの解明に向けて研究を行っています。

 研究手法として、筋電図、脊髄反射、脳波、大脳皮質運動野への経頭蓋磁気刺激といった非侵襲的な電気生理学的手法やMRIによる脳機能画像法を用いて研究を進めています。

 上記の分野での研究にご興味ある大学院生(修士課程、博士課程)、博士研究員(日本学術振興会PD等)を募集しています。ご興味ある方は気軽にご連絡ください。大学院に関する情報はこちらをご覧ください。

新着ニュース News & Topics

D2大島君が筆頭著書の論文が国際誌Experimental Brain Researchに掲載されました。NEW
学部3回生12名が研究室メンバーに加わりました。
上林准教授の共著論文が国際誌European Journal of Sport Scienceに掲載されました。
上林准教授の共著論文が国際誌PLoS ONEに掲載されました。
D2大島君が学振特別研究員DC2に採用されました!!
北村君が大学院前期課程へ入学しました。
研究室から大学院前期課程1名と学部生8名が修了・卒業しました。
スプリットベルト型トレッドミルが実験室に設置されました。
上林准教授が日本体力医学会 第35回近畿地方会のシンポジウム『運動制御に関する運動イメージの役割』で講演しました。
大島君(D1)と高橋君(修士課程修了・現 早稲田大学D1)が第2回 彗ひろば(バイオメカニクス研究会)で口頭発表を行いました。今回の発表は申し込み論文の厳正な審査を経て採択されたもので、「彗ひろば発表賞」が授与されました。
大島君が大学院後期課程へ入学しました。
研究室のwebサイトを開設しました。

連絡先 Contact

同志社大学 スポーツ健康科学部
上林 清孝 (かみばやし きよたか)
住所:
〒610-0394
京都府京田辺市多々羅都谷1-3
同志社大学スポーツ健康科学部
キャンパスへのアクセス: こちら
E-mail:
kkamibay(at)mail.doshisha.ac.jp
PAGE TOP