野田遊のホームページへようこそ

samplejpg samplejpg samplejpg

新聞等掲載  media

「近畿コロナ対策信頼度」
(京都新聞、2020年9月26日)[取材記事掲載]

「大阪都構想・識者談話」
(時事通信社(iJAMP記事)、2020年6月19日)[取材記事掲載]

「宮津市、虚偽文書作成促す」
(京都新聞、2020年6月18日)[取材記事掲載]

「感染広げる恐れ 想像力が欠如」
(朝日新聞、2020年5月22日)[取材記事掲載]

「新型コロナウイルス感染リスク下の自治体の情報発信」
(ぎょうせいオンラインメディア、2020年4月21日)<記事1><記事2>をご参照)[執筆記事掲載]

「広域連携の課題探る」
(徳島新聞、2019年11月8日)[取組掲載]

「令和元年 ニッポンの大問題SP(報道ランナー)地方議員になる人がいない?」
(関西テレビ放送、2019年8月8日)[取材放映]

「山城地域の12市町村議会女性議員2割どまり」
(京都新聞、2019年2月3日)[取材記事掲載]

「コンビニのない村に補助金得て開業した弁当店、1年経たず閉店…大阪・千早赤阪村、全額返還求める」
(産経新聞、2018年8月31日)[取材記事掲載]

「大津市、反対署名受け取り拒否 識者「市民主役の前提否定」」
(京都新聞、2018 年5月22日)[取材記事掲載]
 

「補助金見直しなど5案検討へ 第9回市行財政改革推進委」
(三河新報、2017 年8月25日)[取組掲載]

「名古屋市長選2017 その公約、実現できる? 実現可能性チェック」
(中日新聞、2017 年4月20日)[取材記事掲載]

「『実現したものなく、交渉も止まったままだ』国の権限移譲 なお遠い道のり 設立5年を迎えた関西広域連合」
(産経新聞、2015 年11月30日)[取材記事掲載]

「新居関所の活性化 愛知大生が提案 湖西で研究発表」
(静岡新聞、2013 年11月30日)[取組掲載]

「男装コスプレ、手形ラリーで活性化 面白さ前面に提案 新居関所にぎわい調査で愛知大の学生が研究発表」
(中日新聞(湖西)、2013 年11月30日)[取組掲載]

「合併から8年新城市長選投票 大規模公共事業の是非 産業誘致 ビジョン明確に」
(中日新聞(東三河)、2013 年11月7日)[取材記事掲載]

「先送りの法案行方は 課題の現場から(参院選しが)」
(中日新聞(滋賀)、2013 年7月13日)[取材記事掲載]

「道州制の仕組みをフォーラムで説明」
(中日新聞(滋賀)、2013 年7月1日)[取組掲載]

「滋賀の未来戦略フォーラム:知事ら「道州制」で意見交換」
(毎日新聞(地方)、2013 年7月1日)[取組掲載]

「名古屋市長選 経済危機薄まり投票率が低下か」
(日本経済新聞(中部)、2013 年4月22日)[取材記事掲載]

「政策立案で市民意見を」湖西市行財政改革委員会 市長に提言書提出」
(中日新聞(湖西)、2013 年1月11日)[取組掲載]

「湖西市行革委「市民協働会議」を提言」
(静岡新聞、2013 年1月11日)[取組掲載]

「新城市「道の駅」の事業者公募」
(東海日日新聞、2012 年9月6日)[取組掲載]

「老後の楽園はここにある―行政サービス編 数字では表せないユニークなサービス」
(文藝春秋SPECIAL)、2012年季刊秋号(9月1日発行)[取材記事掲載]

「職員の資質向上求める 湖西市行革委が中間提言」
(中日新聞(湖西)、2012 年2月17日)[取組掲載]

「湖西市行革委中間報告 市民との「会話不足」指摘 外部評価導入など提案」
(静岡新聞、2012年2月17日)[取組掲載]

「湖西市初の事業仕分け 6件を評価 試行に不満の声も」
(静岡新聞、2012年1月29日)[取材記事掲載]

「湖西市初の“仕分け”6事業すべて「見直し」」
(中日新聞(湖西)、2012 年1月29日)[取材記事掲載]

「大阪都構想、市民6割弱賛成 「都民の自治」も重視」」
(大阪日日新聞、2012年1月27日)[取材記事掲載]

「湖西市6事業を行革委ら10人が外部評価 28日、市民に公開」
(中日新聞(静岡)、2012年1月11日)[取組掲載]

「共産、退潮浮き彫り 県庁所在地 全国唯一、長崎市議会ゼロ」
(読売新聞(長崎)、2011年4月26日)[取材記事掲載]

「[議会考](下)議員の条例提案わずか」
(読売新聞(長崎)、2011年3月26日)[取材記事掲載]

「【地方議員は今・統一地方選を前に】<5完>定数削減 地域の声反映できるか」
(西日本新聞、2011年3月16日)[取材記事掲載]

「地方自治参加の好機」
(西日本新聞、2011年1月1日)[取材記事掲載]

「動き出す関西広域連合」
(週刊トラベルジャーナル、2010年12月13日)[取材記事掲載]

「チェック機能強化急務 運用指針見直しも必要 県議 不明朗政調費」
(読売新聞(長崎)、2010年9月10日)[取材記事掲載]

「長崎県議会 政調費原則実費空洞化」
(読売新聞(西)、2010年9月8日)[取材記事掲載]

「長崎県議 政調費でボクシング観戦」
(読売新聞(西)、2010年8月24日)[取材記事掲載]

「会議11 分で月20 万円 県労委欠席でも満額(05-09 年度)」
(読売新聞(長崎)、2010 年5月14日)[取材記事掲載]

「自治体、生き残り模索 江迎、鹿町31 日佐世保市編入、住民意見どう反映」
(西日本新聞、2010年3月7日)[取材記事掲載]

「県職員の残業問題 徹底検証(スーパーJ チャンネルながさき)」
(長崎文化放送、2010年9月7日)[取材放映]

「政権交代 民主に期待と不安と」
(長崎新聞、2009年9月1日)[取材記事掲載]

「政務調査費でボクシング観戦(スーパーJ チャンネルながさき)」
(長崎文化放送、2010年8月24日)[取材放映]

「決戦ながさき09 衆院選 民主2候補見解にずれ」
(長崎新聞、2009年8月9日)[取材記事掲載]

「衆院選長崎 私の視点 識者に聞く(2)」
(長崎新聞、2009年7月29日)[取材記事掲載]

「検証マニフェスト朝長佐世保市政2年 第三者での議論必要」
(長崎新聞、2009年5月3日)[取材記事掲載]

「道州制論議行きつ戻りつ 永田町インサイド」
(日本経済新聞、2008年3月6日)[取材記事掲載]

「道州制論議を実証的に分析 野田遊『都道府県改革論』
評者:小林良彰教授(慶應義塾大学)」

(朝日新聞、2007年9月30日)[書評掲載]

▲ページトップへ