本文へスキップ




働き方と科学技術研究センターの
ホームページへようこそ

○○○○○○○○○○○○○○○働き方と科学技術研究センター


本センターは働くことと科学技術の関わりを複合的に捉える場です。
私たちは就業の場に科学技術が導入されることによる諸現象と、科学技術を生み出す人々の指向や働き方について研究しています。


Imformationnews

2019年12月20日
同志社大学で「第3回 科学技術について考えるシンポジウム: 財閥再編と原発導入」というテーマで、科学社会学がご専門の定松淳先生(東京大学大学院総合文化研究科・教養学部 特任准教授)をお招きして、シンポジウムを開催します。みなさまのご参加をお待ちしています(予約不要)
2019年11月14日
ミラノ大学政治学部のルイジ クリーニ教授をお招きして、11月14日 セミナーを開催しました。この 研究 は 、 アラビア語で書かれた ツイッター 上 のコメント が 、どのような 出来事と関連する か を分析する こと によって 、イスラム国 支持の 要因を探ろうとするもの です 。院生も参加して興味深い議論が行われました。
2019年6月
2019年6月 同志社大学通信 One Purpose 2019年6月号(P9~10)にインタビュー記事が掲載されました。
2019年3月
同志社大学名誉博士 ロナルド・ドーア教授を偲ぶシンポジウムを開催しました。
2018年12月
同志社大学に来校されたフランス社会科学高等研究院学長一行との国際連携のためのワークショップを開催しました。
2018年12月
同志社大学で「第2回 科学技術と社会について考えるシンポジウム」を開催し、東京大学名誉教授 松本三和夫先生と東北大学名誉教授 原山優子先生にご講演頂きました。
2018年11月
同志社大学内に「働き方と科学技術研究センター」を設置しました。
2017年11月
同志社大学で「第1回 科学技術と社会について考えるシンポジウム」を開催し、関西学院大学教授の立石裕二先生による「なぜ事故はなくならないのか」というテーマでご講演頂きました。

働き方と科学技術研究センター

〒602-8580
京都市上京区新町通今出川上ル 近衛殿表町159-1
同志社大学 社会学部 社会学科 渓水館 314号室 【MAP

E-mail:
wksctech.doshisha[at]gmail.com

※迷惑メール対策のため、@は[at]にしております。
ご連絡頂く際は@に変換頂きますようお願い致します。