M1の夏頃(1984年)に覚えた親指シフトキーボード、いまや日本語タイプには欠かせない (こんなこともあるが)。


大学では、Power Mac G4 (MDD) Dual 1.25 GHz (Mac OS X 10.4.1)とTesla、Windowsノート(IBM ThinkPad X31(2672BJ5), WinXP)と親指ひゅんQを使っています。自宅ではPowerBook G4 (Aluminum)とTeslaを使っています。

Mac OS X 10.4 (Tiger) へのTeslaのインストールはこちらこちら

2005/7/1


以下は2003年頃までの記述です。

大学ではPower Mac G4 (Digital Audio) 466 MHz (Mac OS J1-9.1)+iMateとDELL Optiplex (Pentium II MMX 500 MHz, Windows 2000)にエヌエムアイ社のモニタ/キーボード切換器Doubles MAC/AT (製造中止?)を介して Rboard Proという親指シフトキーボードを使っています。引き続き、Rboard ProはACアダプタから給電しています。Windowsノート(IBM ThinkPad X21(65J), Win2k)には親指ひゅんQを使っています。自宅ではPowerBook (FireWire)にNickeyというソフトウエアを組み合わせて使っています。

2001/9/7


以下は2001年頃までの記述です。

大学ではPowerMacintosh9600/300とDELL Optiplex GX1(Windows98SE)にエヌエムアイ社のモニタ/キーボード切換器Doubles MAC/AT を介して Rboard Proという親指シフトキーボードを使っています。ただし、マックのADBポートからの+5V電圧ではDoubles MAC/ATの消費電力で電圧降下してRboard Proが動かないため、別にACアダプタから給電しています。自宅ではPowerBook 3400/240にNickeyというソフトウエアを組み合わせて使っています。

1999/9/15


関連リンク
 キーボードを科学する。
 初心者による・親指シフト(NICOLA)日本語入力の紹介
 親指シフト(NICOLA)をパソコンで使おう!
 オアシスの公式ホームページ
 オアシスのホームページ
 日本語入力コンソーシアム(NICOLA)
 親指シフトのページ


本ページは、日本語入力コンソーシアム(NICOLA)の「親指な人たち」に逆リンクされていました(過去形になってしまった)。


Go Up