ホームに戻る

 

同志社大学法学部 濱真一郎(法哲学)研究室

 

〈業績リスト〉

 

著書

 

202010月 『ハート対ドゥオーキン論争のコンテクスト』(成文堂)総頁数215

 

20179月 『バーリンとロマン主義』(成文堂)総頁数215

 

20149月 『法実証主義の現代的展開』(成文堂)総頁数218

 

20082月 『バーリンの自由論――多元論的リベラリズムの系譜

      (勁草書房)総頁数429

 

 

編著

 

20156月 『よくわかる法哲学・法思想〔第2版〕

      (深田三徳と共編著、ミネルヴァ書房、初版は2007年)

       56-61, 72-77, 94-101, 108-117, 120-121, 124-133頁を執筆

 

20116月 『ドゥオーキン――法哲学と政治哲学』(宇佐美誠と共編著、勁草書房)

      「法哲学・政治哲学における記述と実践」(29-45頁)を執筆

 

 

論文

 

  同志社法学ポジトリへのリンク

 

20216  「ハリネズミの復権――R.ドゥオーキンのバーリン批判」

思想1166113-126

 

20206月 「ロールズ正義論における政治的自由の位置づけ

――コンスタン=バーリンのリベラルな伝統との関連で」

       社会科学研究711号、21-42

 

20198月 「法の概念と性質について」

       酒匂一郎ほか編集委員『市民法学の新たな地平を求めて

――法哲学・市民法学・法解釈学に関する諸問題(篠原敏雄先生追悼論文集)』

       163-173

 

201811月 「H. L. A. ハートの司法的裁量論の再検討

――スペインでの講義(1979年)を素材として」

       同志社法学704号、395-458

 

20183月 「法理論の普遍性について――ジョセフ・ラズの議論を手がかりとして」

       同志社法学698

 

20182月 「H. L. A. ハートの未発表論文「裁量」(1956年)について」

       同志社法学697号、395-459

 

201711月 「アイザィア・バーリンのナショナリズム論」

       同志社法学695号、2017年、65-96

 

20173月 「バーリン自由論とゲルツェン

――ロシアにおけるドイツ・ロマン主義」

       同志社法学6881-21

 

20173月 「バーリン『二つの自由概念』の原型」

       中村浩爾ほか編『社会変革と社会科学

――時代と対峙する思想と実践』(昭和堂)138-152

 

20171月 「バーリンにおける決定論と自由について

――「歴史の必然性」(1953年)との関連を踏まえて」

       同志社法学68643-66

 

201611月 「バーリンの思想史研究の方法

――文化史にかんする議論を素材として」

       同志社法学68577-101

 

201611月 「バーリン自由論の形成――ルソーとカントの解釈をめぐって」

       角田猛之・市川靖久・亀本洋編『法思想の現代的諸問題

       (竹下賢先生古稀記念論集)』(晃洋書房)24-33

 

201610月 「憲法および違憲審査の正統性と憲法解釈

       ――アンドレイ・マーモーの議論を素材として」

       布川玲子・橋秀治編著『司法権の法哲学的研究』

       (日本評論社)121-162

 

20169月 「バーリンの思想史研究の基本構造

――西洋政治思想史における三つの転換点と反啓蒙主義」

       同志社法学684113-150

 

20167月 「バーリン『自由とその裏切り』(1952年)を読む」

       同志社法学683103-134

 

20165月 「バーリン自由論の源流――「習作(torso)」としての

『ロマン主義時代の政治思想』(1952年)」

       同志社法学6821-27

 

20162月 「橋秀治教授の書評への応答」

       竹下賢・長谷川晃・酒匂一郎・河見誠編『法の理論34

      (成文堂)269-280頁。

 

201510月 「立法と司法の関係を把握するための視座

       ――松尾報告へのコメント」

       日本法哲学会編『立法の法哲学――立法学の再定位

       (法哲学年報2014)』(有斐閣)76-82頁。

 

20143月 「立法と司法の戦略的コミュニケーション

――アンドレイ・マーモーの法解釈理論と立法論」

       同志社法学6561-34

 

20142月 「価値多元論と立法の統合性

       ――A. マーモーの立法論を手がかりとして」

       瀬川晃ほか共著『ダイバーシティ時代の法・

政治システムの再検証』(成文堂)185-210

 

20133月 「バーリン自由論の基底――思想史に基礎をもつ哲学」

       同志社法学6481-35

 

20129月 「ジョセフ・ラズの解釈多元論――司法的裁量をめぐる論争を踏まえて」

       同志社法学643379-418

 

201111月 「アイザィア・バーリンによる自由概念の分析にかんする一考察

        ――ベアタ・ポラノフスカ=シグルスカの議論を素材として」

       同志社法学63319-67

 

20116月 「アイザィア・バーリンのリベラリズムにおけるユダヤ的なもの」

       同志社法学631443-474

 

20107月 「法実証主義における『法と道徳分離論』と記述的テーゼ

        ――アンドレイ・マーモーによる記述的法実証主義の擁護論」

       同志社法学62257-108

 

20093月 「立憲主義の正統性――アンドレイ・マーモーの議論を素材として」

       富沢克・力久昌幸編著『グローバル時代の法と政治

       ――世界・国家・地方』(成文堂)173-196

 

20059月 「価値多元論の哲学と暴力という悪――バーリンとイグナティエフに即して」

       同志社法学57337-102

 

20049月 「卓越主義のリベラル化とリベラリズムの卓越主義化」

       思想96529-46

 

20047月 「価値多元論と恐怖のリベラリズム――バーリンとシュクラーの比較を通して」

       ホセ・ヨンパルト・三島淑臣・長谷川晃編『法の理論23』(成文堂)37-57

 

20045月 「人権」

       古賀敬太編著『政治概念の歴史的展開 第一巻』(晃洋書房)67-84

 

20037月 「自律への権利は存在するか」

       法律時報7586-12

 

20032月 「品位ある社会の人権論――マイケル・イグナティエフの議論を素材として」

       同志社法学54664-128

 

200210月 「価値多元論とリベラリズム」

       日本法哲学会編『情報社会の秩序問題(法哲学年報2001)』

       (有斐閣)124-130

 

20026月 「アイザィア・バーリン――品位ある社会の実現を目指して」

       富沢克・古賀敬太編著『二十世紀の政治思想家たち

       ――新しい秩序像を求めて』(ミネルヴァ書房)152-175

 

20025月 「価値多元論と品位ある社会

       ――アヴィシャイ・マーガリットの議論を素材として」

       同志社法学5411-64

 

20013月 「価値多元論とリベラリズムの整合性

       ――アイザィア・バーリンの議論を素材として」

       同志社法学526149-221

 

199911月 「アイザィア・バーリンの価値多元論――現代正義論におけるその可能性」

       同志社法学5141-60

 

19992月 「現代正義論と価値多元論の可能性――ジョン・グレイの議論を素材として」

       同志社法学50439-92

 

19982月 「ジョセフ・ラズの卓越主義的リベラリズム(二・完)」

       同志社法学49286-119

 

19975月 「ジョセフ・ラズの卓越主義的リベラリズム(一)」

       同志社法学49165-93

 

19957月 「ジョセフ・ラズにおけるリベラリズムの哲学的基礎づけ」

       同志社法学472102-164

 

教科書の分担執筆

 

20164月 「法実証主義の再興――H. L. A. ハートとラズの現代分析法理学」

       森村進編『法思想の水脈』(法律文化社)170-183

 

20142月 「正義は問われつづけている――価値の多元化と正義」

       長谷川晃・角田猛之編著『ブリッジブック法哲学〔第2版〕』(信山社)157-178

       (初版は20049月「正義は問われつづけている――価値の多元化と正義」

       長谷川晃・角田猛之編著『ブリッジブック法哲学』信山社、152-171頁)

 

20025月 「多文化主義と文化の共存」

       竹下賢・角田猛之編著『マルチ・リーガル・カルチャー

        ――法文化へのアプローチ〔改訂版〕』(晃洋書房)67-76

 

19985月 「多文化主義と法文化」

       竹下賢・角田猛之編著『マルチ・リーガル・カルチャー

        ――法文化へのアプローチ』(晃洋書房)169-175

 

翻 訳

 

201512月 W. キャシディ&R. イェーツ編著、同志社大学法教育研究会訳

       『小学校で法を語ろう』(成文堂)

       担当箇所:第7章「小学校の教室で法を作ってみよう――単元計画」137-148

 

20098月 N. マコーミック著、亀本洋・角田猛之・井上匡子・石前禎幸と共訳

       『判決理由の法理論』(成文堂)

       担当箇所:第9章「法的推論と法理論」249-290

 

199611月 N. マコーミック著、角田猛之編訳『ハート法理学の全体像』(晃洋書房)

       担当箇所:第6章「権能と権能付与のルール」(203-209頁)、

            第7章「権利」(212-218頁)

 

研究発表

 

20193月 「第一討論」

       日本イギリス哲学会第43回研究大会

       セッションT:アイザィア・バーリン研究の現在

 

201411月 「立法と司法の関係を把握するための視座――松尾報告へのコメント」

       日本法哲学会2014年度学術大会

       統一テーマ報告:立法の法哲学――立法学の再定位

 

20128月 ‘Pluralism, Liberalism, and the Decent Society,

       Conference on Berlin's Cold War Liberalism,

        hosted by the Asan Institute for Policy Studies,

       Session II: Berlin on Pluralism and Totalitarianism

 

201112月 ‘Two Views of Interpretation: Value-Pluralism and Monism,

        Nagoya University Global COE Program, Hermeneutic Study

       and Education of Textual Configuration,

        13th International Conference

 

200911月 「法哲学・政治哲学における記述と実践」

       日本法哲学会2009年度学術大会、

       ワークショップ:ドゥウォーキンの法哲学と政治哲学

 

20085月 「バーリン自由論の再検討」

       政治思想学会2008年度(第15回)研究会、

       研究会1:政治空間における自由

 

20053月 「価値多元論の哲学と暴力という悪――バーリンとイグナティエフに即して」

       日本イギリス哲学会第29回研究大会、

       シンポジウムI:近代イギリス思想における戦争と平和

       (報告要旨は日本イギリス哲学会編『イギリス哲学研究』29号、

       20063月、182-184頁に掲載)

 

200111月 「価値多元論とリベラリズム」

       日本法哲学会2001年度学術大会、分科会報告

 

その他

 

20189 「書評: 隠喩としての自由――その偶然性と再創造

(森達也『思想の政治学――アイザィア・バーリン研究』)」

図書新聞3366号、5

 

201610月 「石前禎幸先生を偲んで」

       日本法哲学会編『応報の行方(法哲学年報2015)』(有斐閣)239-241

 

201610月 「日本の自生的秩序の起源と現代への接合:桂木隆夫『慈悲と正直の公共哲学

       ――日本における自生的秩序の形成』」

       日本法哲学会編『応報の行方(法哲学年報2015)』(有斐閣)148-152

 

20163月 「学界展望 法哲学・法思想」(戒能通弘と共著)

       イギリス哲学会『イギリス哲学研究』39号、124-127頁を執筆

 

201010月 「ドゥウオーキンの法哲学と政治哲学(ワークショップ概要)」(宇佐美誠と共著)

 

20106月 「書評: 上森亮『アイザイア・バーリン――多元主義の政治哲学』」

       週刊読書人3

 

200711月 事典項目執筆: 「自由主義(リベラリズム)」(268-271)

       「法実証主義」 (475-477)、「フィニス、 J.(640)

       「マコーミック、N.(662)、「ラズ、J.」(672-673頁)

       日本イギリス哲学会編『イギリス哲学・思想事典』(研究社)

 

20063月 「書評: Michael Ignatieff, The Lesser Evil: Political Ethics in an Age of Terror

       日本イギリス哲学会編『イギリス哲学研究』29176-177

 

200310月 「シンポジウムの概要」(角田猛之・市原靖久と共著)

       日本法哲学会編『宗教と法――聖と俗の比較法文化』(有斐閣)115-122