. Asano Seminar : Doshisha Univresity
 教授・浅野健一
■経歴と著書
 英文経歴
 記者としての活動
■研究領域
■担当授業
■連絡先
HOMEへ
浅野健一教授 ・・・ 経歴と著書
浅野健一(あさの・けんいち)

2004年7月24日現在のプロフィール(2011年3月21日一部修正)

1948年7月27日、香川県高松市生まれ。66〜67年AFS国際奨学生として米ミズーリ州スプリングフィールド市立高校へ留学、卒業。72年、慶応義塾大学経済学部卒業、同大学新聞研究所修了後、共同通信社入社。編集局社会部、千葉支局、ラジオ・テレビ局企画部、編集局外信部を経て、89年から92年までジャカルタ支局長。帰国後、外信部デスク。77〜78年、共同通信労組関東支部委員長。94年3月末、共同通信退社。

93〜95年慶応義塾大学新聞研究所(現在メディア・コミュニケーション研究所)非常勤講師。2001年から専修大学大学院法学研究科非常勤講師(情報法制論)。
94年4月から同志社大学社会学部メディア学科教授(新聞学専攻)、同大学大学院社会学研究科メディア学専攻博士課程教授。

2002年4月から2003年6月まで、英ウエストミンスター大学客員研究員。

96年12月から97年12月まで、同志社大学教職員組合委員長。

99年3月から10月まで、厚生省公衆衛生審議会疾病部会臓器移植専門委員会委員。

共同通信社社友会準会員。人権と報道・連絡会(連絡先:〒168-8691 東京杉並南郵便局私書箱23号)世話人。国際コミュニケーション学会(ICA)、日本マス・コミュニケ−ション学会の各会員。

■単著
『犯罪報道の犯罪』(学陽書房、講談社文庫)
『犯罪報道は変えられる』(日本評論社、『新・犯罪報道の犯罪』と改題して講談社文庫に)
『犯罪報道と警察』(三一新書)
『過激派報道の犯罪』(三一新書)
『客観報道・隠されるニュースソース』(筑摩書房、『マスコミ報道の犯罪』と改題し講談社文庫に)
『出国命令 インドネシア取材1200日』(日本評論社、『日本大使館の犯罪』と改題し講談社文庫)
『日本は世界の敵になる ODAの犯罪』(三一書房)
『メディア・ファシズムの時代』(明石書店)
『「犯罪報道」の再犯 さらば共同通信社』(第三書館)
『オウム「破防法」とマスメディア』(第三書館)
『犯罪報道とメディアの良心 匿名報道と揺れる実名報道』(第三書館)
『天皇の記者たち 大新聞のアジア侵略』(スリーエーネットワーク)
『メディア・リンチ』(潮出版)『脳死移植報道の迷走』(創出版)
『メディア規制に対抗できるぞ!報道評議会』(現代人文社)
『「報道加害」の現場を歩く』(社会評論社)
『新版 犯罪報道の犯罪』(新風舎文庫)
『新版 松本サリン事件報道の罪と罰』(新風舎文庫)
『裁判員と「犯罪報道の犯罪」』(昭和堂)


■編著
『スパイ防止法がやってきた』(社会評論社)
『天皇とマスコミ報道』(三一新書)
『カンボジア派兵』(労働大学)
『激論・新聞に未来はあるのか ジャーナリストを志望する学生に送る』(現代人文社ブックレット)


■共編著
『無責任なマスメディア』(山口正紀氏との共編、現代人文社)


共著
『ここにも差別が』(解放出版社)
『死刑囚からあなたへ』(インパクト出版会)
『アジアの人びとを知る本1・環境破壊とたたかう人びと』(大月書店)
『派兵読本』(社会評論社)
『成田治安立法・いま憲法が危ない』(社会評論社)
『メディア学の現在』(世界思想社)
『検証・オウム報道』(現代人文社)
『匿名報道』(山口正紀氏との共著、学陽書房)
『激論 世紀末ニッポン』(鈴木邦男氏との共著、三一新書)
『松本サリン事件報道の罪と罰』(河野義行氏との共著、講談社文庫・新版として新風舎文庫)
『大学とアジア太平洋戦争』(白井厚氏編、日本経済評論社)
『オウム破防法事件の記録』(オウム破防法弁護団編著、社会思想社)
『英雄から爆弾犯にされて』(三一書房)
『ナヌムの家を訪ねて 日本軍慰安婦から学んだ戦争責任』(浅野健一ゼミ編、現代人文社)
『新聞記者をやめたくなったときの本』〈北村肇編、現代人文社)
『奇想の源流 島田荘司対談集』(光文社文庫)
『プライバシーと出版・報道の自由』〈青弓社編集部編、青弓社)
「週刊金曜日」別冊ブックレット『金曜芸能 報道される側の論理』(金曜日)
『検証・「拉致帰国者」マスコミ報道』(人権と報道・連絡会編、社会評論社)
『抗う勇気 ノーム・チョムスキー+浅野健一 対談』(現代人文社)
ブックレット『辻元!』(夏目書房)
など。

『現代用語の基礎知識』(自由国民社、1998〜2003年版)の「ジャーナリズム」執筆。

監修ビデオに『ドキュメント 人権と報道の旅』(製作・オーパス、発行・現代人文社)がある。


資格 1968年、運輸相より通訳案内業(英語)免許取得

E-mail: asanokenichi@nifty.com
浅野ゼミのホームページ http://www1.doshisha.ac.jp/~kasano/index.html
人権と報道・連絡会 ホームページ http://www.jca.ax.apc.org/~jimporen/welcome.htm
Copyright © 1997-2006  Prof. Asano Kenichi Seminar All Right Reserved.