Asano Seminar:Doshisha University
HOME新着情報

SPECIAL GUEST SPEAKER

松原美代子さん講演会
―『私の被爆体験とヒロシマの心』―


講演案内(Microsoft Word)をダウンロード


『国際コミュニケーション論』公開講義

(講師:ブライアン・コバート)



日時: 5月17日(木) 

4限(午後3時~午後4時半)


場所:  同志社大学今出川校地

新町キャンパス

臨光館201番教室(R201)


―事前連絡不要・無料―






【主催】 社会学部講師:ブライアン・コバート
社会学部メディア学科教授:浅野健一
【問い合わせ先】 社会学部メディア学科 若山翔
(sho.wakayama@gmail.com)
「被爆者にとって原爆と戦争は過去の出来事ではない。
毎日があの8月6日なのです。」
交通案内:京都市営地下鉄「今出川」駅西へ徒歩3分
今出川校地へのアクセス
http://www.doshisha.ac.jp/access/ima_access.htmll
会場の地図:http://www.doshisha.ac.jp/access/ima_campus.html

松原美代子さん  1945年8月6日、旧制女学校1年の12歳のとき、爆心地から東南 1.5キロメートルの広島市内鶴見町で学徒動員の建物疎開作業中に被爆。戦後は広島平和文化センターに勤める一方、がんの手術を受けるなどさまざまな被爆後遺症や差別と闘いながら被爆体験講話などを通じて国内外で核兵器廃絶を訴えている。著書に「原爆の絵 アメリカを行く」(ヒロシマを知らせる委員会編日本放送出版協会発行 1983年)、同ビデオなどがある。

Ms. Miyoko MATSUBARA was a 12-year-old middle school student in Hiroshima when the world’s first atomic bomb was dropped on the city by the United States on August 6, 1945. She was about 1.5 kilometers from the hypocenter of the blast. In the years since then, she has devoted her life to bringing an appeal for peace and “No more Hiroshimas” to people all over the world. Today, in a very special presentation, she brings her story and message to Doshisha University. Come and listen to a viewpoint of war…as experienced by an atomic bomb survivor.

掲載日:2012年5月14日
先頭へHOME新着情報
Copyright © 1997-2006  Prof. Asano Kenichi Seminar All Right Reserved.