◆  最新のCV(okamotocv.pdf)

 

◆  専門分野  

国際経済学、グローバル経済論、イノベーションの経済学

 

◆  現在進行中のプロジェクト  

平成24年-25年度科学研究費助成事業「ミャンマー経済の発展可能性と今後の課題−イノベーション・システム論からの考察」の遂行。

 

21世紀文化学術財団学術奨励金助成による研究遂行(平成23年-24年度)。研究題目は、新しい「イノベーション・システム論」構築に向けた実証研究−再生医療分野における日米英企業の比較研究を中心として、である。

 

APEC研究事業”APEC and Innovation: Lessons to Learn from Europe" (共同研究)。

 

     最近の著書・論文

Okamoto, Y. (2011), "A New Geography of Innovation? Opportunities and Challenges Facing Asia Pacific Region," in APEC Study Center Consortium Conference 2011 Key Findings and Policy Recommendations: Green Growth, Trade Integration and REgulatory Convergence, edited by V. Aggarwal and R. Feinberg. Singapore: APEC Secretariat. (ASCC 2011 Final).

 

Okamoto, Y. (2011), "Stem Cells as a Driver of Knowledge Economy: Progress and Challenges Facing Scotland"( http://www.sussex.ac.uk/spru/research/sewps#2011)

 

岡本由美子[2011年] 第12章「東アジアの産業集積と日本の選択」

(馬田・浦田・木村編『日本通商政策論』、文眞堂)

 

Okamoto, Y. (2010), “ A Comparative Study on Biotechnology Companies in Sweden and Denmark:

Why Do They Perform Differently?” Doshisha University Policy Studies Vol.4 (March).

OKAMOTO(Denmark-Sweden)

 

Okamoto, Y. (2009), "Effects of regional multilateral R&D collaboration: a case study of a stem cell

project in Western Sweden", Chalmers Institute of Technology RIDE Wroking Paper Series (with

Jens Laage-Hellman, Annika Rickne) (http://www.chalmers.se/tme/EN/centers/ride/ride-working-papers)

 

岡本由美子[2010年]「慎重なるマレーシアの二国間FTAの交渉:マレーシアの新しい貿易政策の誕生か?」

(ヴィニョード・K・アガワル/浦田秀次郎編『FTAの政治経済分析』、文眞堂)

  

     研究業績

同志社大学の公式ページ 研究者データベース

https://kenkyudb.doshisha.ac.jp/rd/search/researcher/104032/index-j.html

   https://kenkyudb.doshisha.ac.jp/rd/search/researcher/104032/index-e.html

 

     学歴

1983.3  東京外国語大学ポルトガル・ブラジル語学科卒業

1985.6  オハイオ大学大学院経済研究科修士課程修了(MA in Economics

1989.12 ハワイ大学大学院経済研究科博士課程修了(Ph.D in Economics)

 

     職歴

2009.9 イギリス連合王国サセックス大学科学技術政策研究所2010.3)

2009.4 スウェーデン国立ヨーテボリ大学経済学部客員研究員(2009.8)

2006.9 中国南京会計大学経済学部客員教授(国際経済論担当)

2005.8 チリ国立大学国際問題研究所客員教授 (国際経済論担当)

2004.8 アルゼンチンラプラタ国立大学国際問題研究所客員教授(東アジア経済論担当)

2004.4  同志社大学政策学部教授 (〜現在に至る)  (国際経済論担当)

   1999.10  名古屋大学大学院国際開発研究科助教授(〜2004.3

                  (比較開発計画論、プロジェクト評価論担当、開発金融論担当)

   1996.9   アメリカ合衆国ブランダイス大学大学院国際経済金融研究科客員助教授(1997.8)

                  (東アジア経済論、アジア太平洋地域経済協力論担当)   

1995.4  神戸大学大学院国際協力研究科助教授 (1999.9)

                  (開発経済論、経済協力論担当)    

1991.4  アジア経済研究所総合研究部研究員 (1995.3)

1990.1 社団法人海外コンサルティング企業協会副主任研究員 (1991.3)

   1987.6  世界銀行ラテンアメリカ局中米・カリブ地域部勤務 (1987.8)