おしらせ

「政治に関する意識調査」は終了しています。ご協力頂きました皆様に感謝申し上げます。
※調査にご協力頂き、謝礼としてAmazonギフトカードをご希望された方のうち2名について、ご記入いただいたメールアドレスに間違いがあるようで謝礼をお送りすることができません("s"で始まり"m"で終わるメールアドレスおよび"n"で始まり"p"で終わるメールアドレスの方)。調査にご協力頂き、謝礼としてAmazonギフトカードをご希望された方の中でもしお心当たりがありましたらお手数ですがご連絡下さい。

CV( English version here

  • 名前: 飯田 健(いいだ たけし)
    • 旧姓: 水口
  • 現職: 同志社大学法学部政治学科 准教授
  • メールアドレス: mnkctks@hotmail.com
  • 学歴
    • 1999年3月 同志社大学法学部政治学科 卒業
      • 早稲田大学政治経済学部政治学科交換留学(1997年度)
      • 学士(法学)
    • 2001年3月 同志社大学大学院アメリカ研究科博士前期課程 修了
      • 修士(アメリカ研究)
    • 2007年12月 テキサス大学オースティン校政治学博士課程 修了
      • Ph.D. in Government
  • 職歴
    • 2007年10月 早稲田大学高等研究所 客員研究助手(2008年9月まで)
    • 2008年10月 早稲田大学高等研究所 助教(2010年3月まで)
    • 2010年4月 早稲田大学大学院アジア太平洋研究科 助教(2011年9月まで)
    • 2011年10月 神戸大学大学院法学研究科 特命講師(2013年3月まで)
    • 2013年4月 同志社大学法学部政治学科 准教授(現在に至る)
      • 専門社会調査士(第001762号)
  • 業績
    • 著書(単著)
      1. 飯田健. 2013年. 『計量政治分析』共立出版.
      2. 飯田健. 2016年. 『有権者のリスク態度と投票行動』木鐸社.
    • 著書(共著・編著)
      1. 山田真裕・飯田健編著. 2009年. 『投票行動研究のフロンティア』おうふう.
        • 飯田健・山田真裕 「有権者の情報処理」, 113-140.
        • 飯田健「政治心理学と合理的選択論の総合」, 259-278.
        • 飯田健「投票行動研究における数理モデルとEITM」, 279-308.
      2. 田中愛治・河野勝・日野愛郎・飯田健・読売新聞世論調査部. 2009年. 『2009年、なぜ政権交代だったのか:読売・早稲田の共同調査で読みとく日本政治の転換』 勁草書房.
        • 飯田健「『失望』と『期待』が生む政権交代:有権者の感情と投票行動」, 131-152.
      3. 飯田健・松林哲也・大村華子. 2015年. 『政治行動論:有権者は政治を変えられるのか』有斐閣.
    • 分担執筆
      1. 飯田健. 2009年. 「分断か再統合か:選挙の決定要因」吉野孝・前嶋和弘編著『2008年アメリカ大統領選挙:オバマの当選は何を意味するのか』東信堂, 145-163.
      2. 飯田健. 2010年. 「オバマ支持連合の政策選好:政権運営へのインプリケーション」吉野孝・前嶋和弘編著『オバマ政権はアメリカをどのように変えたのか:支持連合・政策成果・中間選挙』東信堂, 5-27.
      3. 飯田健. 2011年. 「計量分析を初めて学ぶあなたへ」鴨川明子編著『アジアを学ぶ:海外調査研究の手法』勁草書房, 17-30.
      4. 飯田健. 2012年. 「2010年中間選挙におけるティーパーティのインパクト:集計・個人レベルデータを用いた実証分析」吉野孝・前嶋和弘編著『オバマ政権と過渡期のアメリカ社会:選挙、政党、制度、メディア、対外援助』東信堂, 3-29.
      5. 飯田健・勝間田弘. 2013年. 「アジア市民の共同体:何が地域アイデンティティをつくるのか」天児慧・平川幸子・堀内賢志・松岡俊二編著『アジア地域統合学 総説と資料』勁草書房, 133-153.
      6. 飯田健. 2013年. 「調査票の作成:組織としての意思決定のあり方に着目して」日野愛郎・田中愛治編『世論調査の新しい地平:CASI方式世論調査』勁草書房, 43-54.
      7. 飯田健. 2013年. 「社会的望ましさバイアス:CASI調査による軽減効果」日野愛郎・田中愛治編『世論調査の新しい地平:CASI方式世論調査』勁草書房, 235-249.
      8. 飯田健. 2013年. 「投票参加」岩崎正洋編『選挙と民主主義』吉田書店, 79-95.
      9. 飯田健. 2014年. 「悪い経済状態にもかかわらずなぜオバマが勝ったのか:Waseda American Voter Survey 2012の分析」吉野孝・前嶋和弘編著『オバマ後のアメリカ政治:2012年大統領選挙と分断された政治の行方』東信堂, 97-123.
      10. 飯田健. 2014年. 「近代日本における政治学の二つの起源と編成」井田太郎・藤巻和宏編著『近代学問の起源と編成』勉誠出版, 150-168.
      11. 趙眞晩・飯田健. 2015年. 「日韓比較を通じた選挙制度の政治的影響の検証:経路依存・代表性・政治意識」康元澤・浅羽祐樹・高選圭編著『日韓政治制度比較』慶應義塾大学出版会, 111-151.
      12. Shimizu, Kazumi, Yuko Morimoto, Motoki Watabe, Takeshi Iida, and Koichi Kuriyama. 2016. "Public Goods Provision Experiment with CASI survey." in Masaru Kohno and Yoshitaka Nishizawa, eds. Electoral Survey Methodology: Insight from Japan on Using Computer Assisted Personal Interviews. New York, NY: Routledge.
      13. 飯田健. 2016年. 「オバマ政権下における武力行使に対する世論の制約」日本国際問題研究所研究報告書『米国の対外政策に影響を与える国内的諸要因』, 81-100.
    • 論文
      1. 飯田健. 2005年. 「政党支持の内閣支持への影響の時間的変化:ARFIMA モデルと時変パラメターを用いた時系列分析」『選挙学会紀要』No.4, 41-61.
      2. 飯田健. 2006年. 「90年代日本の連立政権下における政党支持と内閣支持」『選挙学会紀要』No.6, 25-42.
      3. 飯田健. 2009年. 「投票率の変化をもたらす要因:投票参加の時系列分析」『選挙研究』25号(2), 107-118.
      4. Takeshi Iida and Tetsuya Matsubayashi. 2010. "Constitutions and Public Support for Welfare Policies." Social Science Quarterly, 91-1, 42-62.
      5. 飯田健・上田路子・松林哲也. 2010.「世襲議員の実証分析」『選挙研究』26号(2), 139-153.
      6. 飯田健・松林哲也. 2011年. 「選挙研究における因果推論の研究動向」『選挙研究』27号(1), 101-119.
      7. 飯田健. 2012年. 「なぜ経済的保守派は社会的に不寛容なのか: 草の根レベルの保守主義の形成における政治的・社会的要因」『選挙研究』28号(1), 55-71.
      8. Adachi, Tsuyoshi, Masahisa Endo, Takeshi Iida, and Kohei Kamaga. 2012. "Under What Conditions Can Voters Make a Rational Choice?: Voter Preference and Choice in Old-Age Pension Reform in Japan." 『公共選択』58号, 106-126.
      9. 飯田健. 2013年. 「リスク受容有権者がもたらす政治的帰結:2012年総選挙の分析」『選挙研究』29号(2), 48-59.
      10. Asako, Yasushi, Takeshi Iida, Tetsuya Matsubayashi, and Michiko Ueda. 2015. "Dynastic Politicians: Theory and Evidence from Japan." Japanese Journal of Political Science 16(1): 5-32.
      11. 飯田健. 2015年. 「有権者のリスク態度と政権基盤の強化:2013年参院選における分割投票」『選挙研究』31号(1), 71-83.
      12. Takeshi Iida. 2016."Surging Progressives in the Conservative Mood: The Conditional Effects of Income and Urbanism on Vote Choice in the 2014 Japanese Lower House Election." Asian Journal of Comparative Politics 1(1): 6-24.
      13. 飯田健. 2016年.「自民党大阪市会議員の大阪維新の会への鞍替えの分析:中選挙区制下の再選欲求と潜在的政策選好」『レヴァイアサン』59号, 80-105頁.
      14. 飯田健. 2017年.「アメリカ政治学における数理モデルの衰退と実験の隆盛:因果効果の概念に着目して」『公共選択』67号, 46-64頁.
    • 翻訳
      1. G・ジョン・アイケンベリー(細谷雄一監訳、林大輔・西川賢・飯田健訳). 2012年. 『リベラルな秩序か帝国か:アメリカと世界政治の行方』勁草書房(10・11章を担当).
    • 書評
      1. 飯田健. 2008年. 「曽根泰教・大山耕輔編『日本の民主主義 変わる政治・変わる政治学』慶應義塾大学出版会, 2008年」『選挙研究』24, 129-132.
      2. 飯田健. 2008年. 「得票構造研究の集大成:水崎節文・森裕城著『総選挙の得票分析:1958-2005』木鐸社」『レヴァイアサン』43, 108-109.
      3. 飯田健. 2010年. 「Gelman, Andrew, David Park, Boris Shor, and Jeronimo Cortina. 2010. Red State, Blue State, Rich State, Poor State: Why Americans Vote the Way They Do, Expanded Edition, Princeton University Press.」『選挙研究』25, 136-137.
      4. 飯田健. 2011年. 「『統制変数病』への処方箋?―政治学における傾向スコアの有用性:星野崇宏著 『調査観察データの統計科学: 因果推論・選択バイアス・データ融合』岩波書店, 2009年.」『レヴァイアサン』49, 149-152.
      5. Takeshi Iida. 2012. "Sherry L. Martin, Popular Democracy in Japan: How Gender and Community Are Changing Modern Electoral Politics, Cornell University Press, 2011, 191 pp." Japanese Journal of Political Science 13, 587-588.
    • 学会発表(自ら参加したもののみ)
      1. Takeshi Iida. 2004. "Explanations for Negativity Effects from a Comparative Perspective." Paper presented at the Annual Meeting of the Southwestern Political Science Association, Corpus Christi, TX, March 2004.
      2. Takeshi Iida. 2005. "Does Negative Campaigning Reduce Uncertainty?" Paper presented at the Annual Meeting of the Midwest Political Science Association, Chicago, IL, April 2005.
      3. Takeshi Iida and Tetsuya Matsubayashi. 2006. "Constitutions and Public Support for Welfare State Policies." Paper presented at the Annual Meeting of the Midwest Political Science   Association, Chicago, IL, April 2006.
      4. Takeshi Iida. 2006. "The Changing Impact of Conservatism on Civic Engagement: A Time Series Analysis Using ARFIMA and Time-varying Parameter Modeling." Paper presented at the World Congress of the International Political Science Association, Fukuoka, Japan, July 2006.
      5. 飯田健. 2008年. 「政治意識の転換点としての1993年: Bayesian Change Point Modelによる分析」日本選挙学会, 日本大学, 2008年5月.
      6. Takeshi Iida, Tetsuya Matsubayashi, and Michiko Ueda. 2008. "Electoral Systems, Political Dynasties, and Representation: The Case of Japan." Paper presented at the Annual Meeting of the American Political Science Association, Boston, MA, August 2008.
      7. 飯田健. 2009年.「投票率の変化をもたらす要因:投票参加の時系列分析」日本選挙学会, 同志社大学, 2009年5月.
      8. Takeshi Iida. 2009. "Why Do People Vote "Incorrectly?": Risk Attitudes in Voting Behavior." Paper presented at the Annual Meeting of the American Political Science Association, Toronto, Canada, September 2009.
      9. 飯田健・上田路子・松林哲也. 2009年.「世襲議員と民主政治」日本政治学会, 日本大学, 2009年10月.
      10. Takeshi Iida. 2010. "Disappointment, Hope, and Government Change: Emotions and Voting Behavior in the 2009 Japanese General Election." Paper presented at the Annual Meeting of the Southern Political Science Association, Atlanta, GA, January 2010.
      11. Atsushi Osaki, Takeshi Iida, Tak-Lai Ke, Yuji Kobayashi, Yuko Takano, Ai Takeuchi, Daisuke Udagawa, and Motoki Watabe. 2010. "Information Environment and Voters' Sense of Responsibility." Paper presented at the Annual Meeting of the Southern Political Science Association, Atlanta, GA, January 2010.
      12. 飯田健. 2010年.「有権者の失望、期待と政権交代:早大・読売共同調査の分析」日本選挙学会, 明治大学, 2010年5月.
      13. 浅古泰史・飯田健・上田路子・松林哲也. 2010年."Political Dynasties and Democratic Representation in Japan." 日本経済学会春季大会, 千葉大学, 2010年6月.
      14. Takeshi Iida. 2011. "Why Do Voters Become Hopeful for New Leadership?: Voter Risk Attitude and Hope for Opposition Party." Paper presented at the Annual Meeting of the Southern Political Science Association, New Orleans, LA, January 2011.
      15. Tsuyoshi Adachi, Takeshi Iida, Masahisa Endo, and Kohei Kamaga. 2011. "Under What Condition Can Voters Make Rational Choice?: Voter Preference and Choice in Old-Age Pension Reform in Japan." Paper presented at the Annual Meeting of the Southern Political Science Association, New Orleans, LA, January 2011.
      16. Takeshi Iida. 2011. "Collective Identity Perceived by Others: The Determinants of Japanese Attitudes toward South Korea and North Korea." Paper presented at the Annual Meeting of the Southwestern Political Science Association, Las Vegas, NV, March 2011.
      17. 飯田健. 2011年.「保守主義の形成における政治的・社会的要因:日米保守主義の比較実証分析」日本政治学会, 岡山大学, 2011年10月.
      18. 飯田健. 2012年.「議員行動に対する政策要因の影響: 大阪維新の会の事例を通じて」日本選挙学会, 筑波大学, 2012年5月.
      19. 安達剛・飯田健・遠藤晶久・釜賀浩平. 2012年."Under What Conditions Can Voters Make a Rational Choice?: Voter Preference and Choice in Old-Age Pension Reform in Japan."公共選択学会, 専修大学, 2012年7月.
      20. Takeshi Iida, Tetsuya Matsubayashi, and Michiko Ueda. 2012."Immigration and Support for Conservative Parties in Japan." Paper presented at the International Political Science Association World Congress, Madrid, Spain, July 2012.
      21. Takeshi Iida. 2013."The Consequences of Risk-taking Voting Behavior: An Analysis of the 2012 General Election in Japan." Paper presented at the Western Political Science Association Annual Meeting, Hollywood, CA, March 2013.
      22. 飯田健. 2013年.「リスク志向有権者がもたらす政治的帰結:2012年総選挙の分析」日本選挙学会, 京都大学, 2013年5月.
      23. 飯田健. 2013年.「リスク志向有権者がもたらす政治的帰結:2013年参院選における分割投票」日本政治学会, 北海学園大学, 2013年9月.
      24. 飯田健. 2013年.「有権者のリスク態度と投票行動」公共選択学会, 駒澤大学, 2013年11月.
      25. 飯田健. 2014年.「2009年政権交代への失望と政治不信:有権者は合理的である「べき」か」日本政治学会, 早稲田大学, 2014年10月.
      26. Takeshi Iida. 2014."The Variation in Political Efficacy between Similar but Different Electoral Systems: Evidence from Japan and South Korea." Paper presented at the Asian Electoral Studies conference, Sogang University, October, 2014.
      27. 秦正樹・飯田健. 2014年.「集団的自衛権はいかにして容認されるか?同盟のジレンマにもとづくフレーム実験より」公共選択学会, 青山学院大学, 2014年11月.
      28. Koji Kagotani and Takeshi Iida. 2014."Scramble for Security: Domestic Turmoil and Deterrence Failure in Interstate Rivalries" Paper presented at Second Annual Conference of the Australian Society for Quantitative Political Science, the University of Sydney, December, 2014.
      29. Takeshi Iida. 2015. "Split-ticket Voting as Risk Management: Evidence from the 2013 Japanese Upper House Election." Paper presented at the Annual Meeting of the Southern Political Science Association, New Orleans, January 16, 2015.
      30. 飯田健. 2015年.「2008年大統領選挙における「ペロー」への投票」アメリカ学会, 国際基督教大学, 2015年6月7日.
      31. 飯田健. 2015年."Surging Progressives in the Conservative Mood: The Conditional Effects of Income and Urbanism on Vote Choice in the 2014 Japanese Lower House Election." 日本政治学会学会, 千葉大学, 2015年10月11日.
      32. Takeshi Iida. 2015."Surging Progressives in the Conservative Mood: The Conditional Effects of Income and Urbanism on Vote Choice in the 2014 Japanese Lower House Election." Paper presented at the Asian Electoral Studies Conference, Keio University, October 24, 2015.
      33. Takeshi Iida. 2016."Surging Progressives in the Conservative Mood: The Conditional Effects of Income and Urbanism on Vote Choice in the 2014 Japanese Lower House Election." Paper presented at Annual Meeting of the Southern Political Science Association, San Juan, Perto Rico, January 9, 2016.
      34. 飯田健. 2016年.「政党の争点立場認知と投票後悔:2016年参院選における「改憲勢力3分の2」」日本政治学会, 立命館大学(大阪いばらきキャンパス), 2016年10月1日.
      35. Takeshi Iida. 2016."Awareness of Party Issue Differences and Regret on Vote: Evidence from a Survey Experiment in Japan." Paper presented at the Asian Electoral Studies Conference, National Chengchi University, Taiwan, October 30, 2016.
      36. Takeshi Iida. 2017."Awareness of Party Issue Differences and Regret on Vote: Evidence from a Survey Experiment in Japan." Paper presented at Annual Meeting of the Southern Political Science Association, New Orleans, LA, January 12, 2017.
    • 外部研究資金
      1. 文部科学省科学研究費補助金・若手研究(B)(課題番号:21730127)「有権者の「失望」、「不安」、「期待」と政権交代の可能性」(研究代表:飯田健)、平成21~23年度
      2. 文部科学省科学研究費補助金・基盤研究(B)(課題番号:23330046)「危機のアメリカ『選挙デモクラシー』:社会経済変化と政治的対応」(研究分担者、研究代表:吉野孝)、平成23~27年度
      3. 文部科学省科学研究費補助金・若手研究(B)(課題番号:24730117)「政党に対する有権者の業績評価とリスク態度」(研究代表:飯田健)、平成24~26年度
      4. 文部科学省科学研究費補助金・特別推進研究(課題番号:24000002)「政権交代期における政治意識の全国的時系列的調査研究」(研究分担者、研究代表:小林良彰)、平成24~28年度
      5. 文部科学省科学研究費補助金・基盤研究(B)(課題番号:26285031)「内閣支持率の時系列分析-政治的事件・報道・世論の相互関係をめぐって」(研究分担者、研究代表:福元健太郎)、平成26~30年度
      6. 文部科学省科学研究費補助金・基盤研究(B)(課題番号:15H03317)「投票外参加の日米比較:確率標本によるインターネット調査を用いた因果推論の精緻化」(研究代表:飯田健)、平成27~31年度
      7. 文部科学省科学研究費補助金・基盤研究(A)(課題番号:15H01931)「積極的投票権保障の展開と効果に関する研究」(研究分担者、研究代表:大西裕)、平成27~31年度
    • 受賞
      1. 日本選挙学会2009年度優秀報告賞(発表27組中、3組が受賞)
  • 所属学会
    • American Political Science Association
    • Southern Political Science Association
    • 日本選挙学会
    • 日本政治学会
    • アメリカ学会
    • 公共選択学会
    • 日本比較政治学会
  • 担当講義
    • "Comparative Political Behavior"(2009年度前期、早稲田大学国際教養学部、使用言語:英語)
    • 「政治学研究:"American Political Institutions and Processes"」(2009年度後期、早稲田大学政治経済学部、使用言語:英語)
    • 「上級計量政治分析」(2009・2010・2011年度前期、早稲田大学大学院政治学研究科)
    • 「公共選択論」(2009・2010・2011年度前期、武蔵野大学政治経済学部)
    • 「政策情報論」(2009年度夏期集中、愛媛大学法文学部)
    • 「数量・統計分析手法」(2010・2011年度前期、早稲田大学大学院アジア太平洋研究科)
    • "Analysis of Quantitative Data"(2010年度後期、早稲田大学大学院アジア太平洋研究科、使用言語:英語)
    • 「数量・統計分析手法 II」(2011年度前期、早稲田大学大学院アジア太平洋研究科)
    • 「開発計量経済学」(2010年度前期、早稲田大学大学院アジア太平洋研究科)
    • "Development Econometrics"(2010年度後期、早稲田大学大学院アジア太平洋研究科、使用言語:英語)
    • "Analysis of Quantitative Data II"(2011年度後期、早稲田大学大学院アジア太平洋研究科、使用言語:英語)
    • "Writing and Research Skills"(2010年度前・後期&2011年度前期、早稲田大学大学院アジア太平洋研究科、使用言語:英語)
    • "Public Opinion and Mass Political Behavior"(2010・2011年度前期、早稲田大学大学院アジア太平洋研究科、使用言語:英語)
    • 「選挙制度論」(2011年度夏期集中※後半6回のみ、同志社大学法学部)
    • 「公共選択論」(2011・2012年度後期、神戸大学法学部/大学院法学研究科)
    • 「政治学」(2011年度後期、東京工業大学工学部社会工学科社会工学専攻)
    • 「論文作成技法」(2012年度前期、神戸大学法学部/大学院法学研究科)
    • 「政治データ分析」(2012~2016年度春学期、同志社大学法学部)
    • 「社会調査概論」(2012~2016年度春学期、同志社大学法学部)
    • 「原典購読:アメリカの法と政治」(2012年度秋学期、同志社大学法学部)
    • 「政治行動論」(2012~2016年度秋学期、同志社大学法学部)
    • "Introduction to Japanese Politics"(2013~2014年度春学期・2016年度秋学期、同志社大学大学院法学研究科、使用言語:英語)
    • "Comparative Policy-making: Bureaucracy and Parliament in Contemporary Japan"(2013~2016年度秋学期、同志社大学国際教育インスティテュート、使用言語:英語)

↑ PAGE TOP