Home

研究概要

発表論文

学会発表

メンバー

同窓会

アクセス

English


Home > 研究概要 


研究概要

 我々の研究室では,従来にない高度で新しい機能をもつ高分子材料の創製を目指して研究を行っています。この目的のためには,生体のもつ豊富な機能と精緻で絶妙な構造が格好のターゲットとなります。例えばタンパク質やDNAなどの生体高分子は,特異的な高分子間相互作用に基づいて 高度に規制された高分子集合構造(高次構造)を形成することにより, 生命現象を本質的に支える多彩な機能を効率的に発現しています。

 生物のもつ豊富な機能と精緻で絶妙な構造を手本に、人工タンパク質やペプチド-合成高分子のハイブリッド高分子などのバイオポリマーを新規に設計・合成し、それらの機能や特性評価を総合的に行っています。ナノスケールの構造制御技術をもとに、自己修復材料や多重刺激応答材料、細胞足場材料など革新的な高分子材料やそれらを活用したスマート表面設計などの開発を進めています。



1. 機能性ペプチド・ナノマテリアルの開発

2. 機能性バイオインターフェイスの構築

3. 機能性バイオポリマーの新規開発


 

Copyright(c)2010 Polymerchemistry Lab. at Doshisha University All Rights Reserved.