ナノ・バイオサイエンスを基盤とする次世代スマート材料の開発
お知らせ
NEW 講演会のお知らせ
講演1
題目:Carbon monoxide-releasing molecules (CO-RMs): pharmacological actions and therapeutic potential
講演者:Dr. Roberto Motterlini
日時:2016 年10 月24 日(月)15:00-16:20
場所:至心館SC622

講演2
題目:Design of new hybrid molecules targeting the Nrf2/heme oxygenase-1 axis
講演者:Dr. Roberta Foresti
日時:2016 年10 月24 日(月)16:30-17:50
場所:至心館SC622

問合先:理工学部機能分子•生命化学科 北岸 宏亮(hkitagis@mail.doshisha.ac.jp)
NEW 第一回ナノ•バイオサイエンス国際シンポジウムにおいて、以下の学生がNano-Bioscience Research Awardを受賞しました。
Mr. Tomokazu Tsuji
Mr. Yuji Iwamoto
Mr. Ryosuke Miyachi
Mr. Shin-nosuke Nishimura
Ms. Saika Minegishi
Mr. Yue Ma

研究員
複合化技術を鍵とする高性能ナノ・スマート材料の開発グループ
加納 航治
KANO, Koji
同志社大学理工学部
名誉教授
研究室
北川 進
KITAGAWA, Susumu
京都大学大学院工学研究科 教授
京都大学物質-細胞統合システム拠点(iCeMS) 拠点長
研究室
東 信行
HIGASHI, Nobuyuki
同志社大学理工学部
機能分子・生命化学科 教授
研究室
水谷 義
MIZUTANI, Tadashi
同志社大学理工学部
機能分子・生命化学科 教授
研究室
小寺 政人 センター長
KODERA, Masahito
同志社大学理工学部
機能分子・生命化学科 教授
研究室
古賀 智之
KOGA, Tomoyuki
同志社大学理工学部
機能分子・生命化学科 教授
研究室
次世代バイオ・医療技術を指向した機能集積型スマート材料の創出グループ
杉浦 幸雄
SUGIURA, Yukio
同志社女子大学薬学部
医療薬学科 特別任用教授
研究室
青山 安宏
AOYAMA, Yasuhisa
京都大学
名誉教授
研究室
近藤 和生
KONDO, Kazuo
同志社大学理工学部
化学システム創成工学科 教授
研究室
浦野 泰臣
NOGUCHI, Noriko
同志社大学生命医科学科
医生命システム学科 助教
研究室
野口 範子
NOGUCHI, Noriko
同志社大学生命医科学科
医生命システム学科 教授
研究室
根木 滋
NEGI, Shigeru
同志社女子大学薬学部
医療薬学科 特別任用助教
研究室
人見 穣
HITOMI, Yutaka
同志社大学理工学部
機能分子・生命化学科 教授
研究室
北岸 宏亮
KITAGISHI, Hiroaki
同志社大学理工学部
機能分子・生命化学科 准教授
研究室
ナノ・バイオシステムにおける階層構造の構築と利用グループ
吉川 研一
YOSHIKAWA, Kenichi
同志社大学生命医科学科
医情報学科 教授
研究室
川崎 廣吉
KAWASAKI, Kokichi
同志社大学文化情報学部
文化情報学科 教授
研究室
松本 道明
MATSUMOTO, Michiaki
同志社大学理工学部
化学システム創成工学科 教授
研究室
塩井 章久
SHIOI, Akihisa
同志社大学理工学部
化学システム創成工学科 教授
研究室
剣持 貴弘
KENMOTSU, Takahiro
同志社大学生命医科学部
医工学科 准教授
研究室
八坂 能郎
YASAKA, Yoshiro
同志社大学理工学部
機能分子・生命化学科 助教
研究室
山本 大吾
YAMAMOTO, Daigo
同志社大学理工学部
化学システム創成工学科 助教
研究室
研究概要
研究体制 超分子化学、高分子化学、錯体化学、ケミカルバイオロジー、薬学、生命化学、生物物理学、物理化学、化学工学、数学などの幅広い分野の研究者を構成員とし以下の3つの研究プロジェクトを推進します。グループ内外での成果報告・情報交換を頻繁に行うとともに、他大学、他研究機関、企業などとの共同研究によって実際的な生物機能評価・触媒機能評価・物理機能評価などを行う研究体制を構築します。
1 複合化技術を鍵とする高性能ナノ・スマート材料の開発
ナノサイズ・メゾスコピックサイズの分子集合体の設計と合成、ナノ分子素子の開発、エネルギー・環境問題への化学的貢献、実用触媒の開発を行います。
2 次世代バイオ・医療技術を指向した機能集積型スマート材料の創出
人工タンパク質の開発、ナノバイオ材料の開発、細胞生物学における様々な解析手法の開発を行います。
3 ナノ・バイオシステムにおける階層構造の構築と利用
マクロ階層としての生物集団の数理モデル解析、セミマクロ?ミクロ階層としての細胞機能の実空間モデリング、コロイド系の自己運動の研究を行います。
研究成果
査読付き論文
1 Nakamura, Ryosuke; Kakeya, Kazuhisa; Furuta, Nao; Muta, Etsuko; Nishisaka, Hiroaki; Mizutani, Tadashi. “Synthesis of para- or ortho-Substituted Triarylbilindiones and Tetraarylbiladienones by Coupled Oxidation of Tetraarylporphyrins”
The Journal of Organic Chemistry, 2011, 76, 6108-6115.

   pub
講演会
講演会予定
**.**.2016 **
10.24.2016 講演1
題目:Carbon monoxide-releasing molecules (CO-RMs): pharmacological actions and therapeutic potential
講演者:Dr. Roberto Motterlini
日時:2016 年10 月24 日(月)15:00-16:20
場所:至心館SC622

講演2
題目:Design of new hybrid molecules targeting the Nrf2/heme oxygenase-1 axis
講演者:Dr. Roberta Foresti
日時:2016 年10 月24 日(月)16:30-17:50
場所:至心館SC622

問合先:理工学部機能分子•生命化学科 北岸 宏亮(hkitagis@mail.doshisha.ac.jp)
過去に開催した講演会
10.7-8.2016 ナノ•バイオサイエンス国際シンポジウム
開催場所:同志社大学京田辺キャンパス恵道館201教室
内容:国内外ゲストによる招待講演8件、学内教員および若手研究者による一般講演6件、学生による講演10件
言語:英語(1件の特別講演を除く)

Nano/Bioscience International Symposium
Keido-kan KD201, Doshisha University, Kyotanabe Campus

Friday, 7 Oct 2016

9:20 Opening Remarks Masahito Kodera (Doshisha University)
General Lectures (9:30–10:50)
9:30–9:50
GL-1 “Synthesis of cyclodextrins bearing a cell-penetrating peptide”
Hiroaki Kitagishi (Doshisha University)
9:50–10:10
GL-2 “Regular motion of an oil/water interface depending on several kinds of cations”
Akihisa Shioi (Doshisha University)
10:10–10:30
GL-3 “Synthetically and Biologically Useful Molecules Based on Bioinspired Complexes”
Yutaka Hitomi (Doshisha University)
10:30–10:50
GL-4 “Divalent cation shrinks DNA but inhibits its compaction with trivalent cation“
Takahiro Kenmotsu (Doshisha University)
Break (10:50–11:00)
A Special Lecture (11:00–11:40)
SL-1 “Vertical Innovation - A Colorful Life” (in Japanese)
Dr. Makoto Shimazaki (Otsuka Pharmaceutical)

Lunch Break (11:40–13:00)

Student Session (13:00–14:15)
13:00–13:15
S-1 “Chemo-sensitive liquid droplet: Attractive/Repulsive motion against gas stimuli”
Hiroki Sakuta (Doshisha University)
13:15–13:30
S-2 “Artificial GFP model from peptide-polymer hybrids”
Shinnosuke Nishimura (Doshisha University)
13:30–13:45
S-3 “The physiological roles of endogenous CO revealed by its selective depletion in the blood”
Saika Minegishi (Doshisha University)
13:45–14:00
S-4 “Phase transition in a single giant DNA molecule: Differences between 1-propanol and 2-propanol aqueous solutions”
Yue Ma (Doshisha University)
14:00–14:15
S-5 “Preparation and characterization of a series of iron(III) hydroperoxo species having a carboxamido ligand”
Ryosuke Sakai (Doshisha University)

Break (14:15–14:30)

Invited Lectures (14:30–17:30)
14:30–15:20
IL-1 “Single molecule imaging approach to reveal molecular motions and functions in cellular events”
Dr. Hideaki Yoshimura (The University of Tokyo)
15:20–16:20
IL-2 “Structural variety in polyelectrolyte-surfactant complexes (PESCs) - Dependence on pH and composition“
Prof. Michael Gladzielski (Technische Universität Berlin)

Break (16:20–16:30)

16:30–17:30
IL-3 “Synthetic molecules for cell biology and cell therapy“
Prof. Motonari Uesugi (Kyoto University)

Banquet (18:30–20:30, Torisei@Fushimi)

Saturday, 8 Oct 2016

Student Session II (9:20–10:35)
9:20–9:35
S-6 “Photo-triggered catalytic formation of hydrogen peroxide inside cells via nitric oxide release from a manganese nitrosyl complex”
Yuji Iwamoto (Doshisha University)
9:35–9:50
S-7 ”Improvement of metal-based fluorescent probes for intracellular hydrogen peroxide imaging”
Ryosuke Miyachi (Doshisha University)
9:50–10:05
S-8 ”Development of fluorescent probes for reactive oxygen species based on C-O bond cleavage
Tomokazu Suetsugi (Doshisha University)
10:05–10:20
S-9 “Extremely high turnover for direct oxidation of benzene to phenol with H2O2 catalyzed by dicopper complexes“
Tomokazu Tsuji (Doshisha University)
10:20–10:35
S-10 “Can only ssDNA be detected by anionic gold nanoparticles?”
José M. C. Panduro (Doshisha University)

Break (10:35–10:50)

Invited Lectures (10:50–11:50)
10:50–11:50
IL-4 “Playing 3D templates in nano/micro scales - block copolymer, algae, diatom, and protein -“
Prof. Tomokazu Iyoda (Tokyo Institute of Technology)

Lunch Break (11:50–13:10)

General Lectures (13:10–13:50)
13:10–13:30
GL-5 “Characterization of DNA folding dynamics in archaea”
Dr. Priero Eloise (University of the Philippines)
13:30–13:50
GL-6 “Molecular metamorphism through π-dimerization of viologen radicals”
Dr. Christophe Kahlfuss (Université de Strasbourg)

Break (13:50–14:00)

Invited Lectures (14:00–17:30)
14:00-14:50
IL-5 “Playing with two metals cations and porphyrins : A new dynamic game”
Prof. Bernard Boitrel (Université de Rennes 1)
14:50–15:40
IL-6 “Redox controlled supramolecular chemistry based on viologen architectures”
Prof. Jean Weiss (Université de Strasbourg)

Break (15:40–15:50)

15:50–16:40
IL-7 “Non-noble metal electrocatalysts for hydrogen economy”
Dr. Bruno Jousselme (CEA Saclay)
16:40–17:30
IL-8 “Carbon nanotube-templated synthesis of covalent porphyrin network for oxygen reduction reaction”
Dr. Stephane Campidelli (CEA Saclay)

Closing (17:30–17:40)
6.9.2016 日時: 2016年 6月 9日( 木)16:30-17:30
場所: 医心館北棟 医心館北棟 医心館北棟 IN409N(N-A)
アクティブマターの走化性発現に関するエネルギー変換メカニズム
講 師: 伴 貴彦 博士(大阪学院 基礎工学研究科 物質創成専攻)
問合先: 理工学部 理工学部 塩井章久 ,生命医科学部 生命医科学部 生命医科学部 吉川研一 ,剣持貴弘

5.7.2016 日 時:2016年5月7日(土)午後
場 所:至心館SC622
Metal-Oxygen Intermediates in Dioxygen Activation Chemistry
Wonwoo Nam (Department of Chemistry and Nano Science, Ewha Womans University, Seoul, Korea)
問合せ先:理工学部 小寺政人
3.12.2016 2015年度研究成果報告会
日 時:2016年3月12日(土)10:00-16:30
場 所:同志社大学京田辺キャンパス夢告館MK101および203
研究成果報告会•午前の部【10:00–12:00】 夢告館MK102
開会の挨拶 研究センター長:小寺政人
講演1. 自己組織性ペプチドを基盤とする三次元マトリックス材料の開発
  古賀智之(同志社理工)
講演2. 亜鉛要求性酵素はどのようにして活性化されるのか?〜活性中心に亜鉛が配位するメカニズムを探る〜
神戸大朋(京大院生命)
講演3. イオン液体のベシクルへの分配とその菌体に対する毒性
  松本道明(同志社理工)
講演4. 酸素発生型光合成膜の生理的状態を読み取る多角的顕微分光イメージング
熊﨑茂一(京大院理)

特別講演会【13:30–14:30】 夢告館MK102
講演題目「光機能を創る」
講師:入江 正浩 先生(立教大学理学部未来分子研究センター)

研究成果報告会•午後の部【15:00-16:30】 夢告館MK203 <ポスター形式>
1. 副作用の少ない抗がん剤の開発:低pH 領域でDNAを特異的に切断するMinor groove binder 模倣二核金属錯体の開発
小寺政人•麻生健太•福井克樹
2. 生理条件下でも安定なポルフィリンMOFの調製
宮地亮昌•岩本勇次•人見 穣
3. トポロジカル制御されたペプチド・ポリマー自己組織体による細胞シート足場材の開発
平田絢葉•東 信行
4. 生体内一酸化炭素の擬ノックダウンによる生理機能探索
峯岸彩夏•北岸宏亮
5. 細胞膜透過能を有するシクロデキストリンの開発
中上敦貴•北岸宏亮
6. 脳特異的オキシステロール24S-hydroxycholesterolによる細胞死メカニズムの解析
浦野泰臣
7. 触媒機能を有するHis4型亜鉛フィンガータンパク質の構造および機能
根木 滋
8. pH感知性の運動を示すベシクル
名和愛利香•山本大吾•塩井章久
9. 水面上でのフッ素系油の蒸発誘起型自発運動
山本大吾
10. イオン液体中での分子の並進ならびに回転ダイナミクスの研究
木村佳文•八坂能郎•機田祐人
11. イオン液体中の疎水場で活性化されたギ酸イオンによる芳香族塩素化合物の脱塩素化
八坂能郎•田中輝•木村佳文
12. Protect effect of ascorbic acid against double-strand breaks in genome-sized DNA evaluated by single-molecule observation
馬 越•吉川祐子•貞包浩一郎•剣持貴弘•吉川研一
13. ガス刺激に対する液滴の正/負の走化性
作田浩輝•貞包浩一郎•剣持貴弘•吉川研一
14. レーザーによるcmサイズの固形物体の搬送
小吉圭祐•貞包浩一郎•剣持貴弘•吉川研一
15. 直立—倒置—直立の再帰性時間発展 振動盤上の固形物体の集団運動に現れる特異性
鷹取慧•貞包浩一郎•剣持貴弘•吉川研一
16. ポリアミンによる遺伝子発現の促進と阻害作用の二面性
金村愛•清水佑太•吉川祐子•貞包浩一郎•剣持貴弘•吉川研一
17. 低周波振動によるゲノムサイズDNAの二本鎖切断一分子観察による定量的計測
菊池駿斗•吉川祐子•貞包浩一郎•剣持貴弘•吉川研一
18. 時間変動する入力の協同効果による識別
上野 洋•剣持貴弘•貞包浩一朗•吉川研一

3.8.2016 日 時:2016年3月8日(火)14:00-16:00
場 所:至心館SC622
#1 Tyrosinase Model Complexes: New Ways to Catalysis
Prof. Dr. Sonja Herres-Pawlis (RWTH Aachen University, Germany) #2 Density Functional Theory on Tyrosinase Models: the Torture Track Revisited Dr. Alexander Hoffmann (RWTH Aachen University, Germany)
問合せ先:理工学部 小寺政人
3.7.2016 日 時:2016年3月7日(月)13:00-14:00
場 所:医心館北棟 IN409N
Influence of light on a light-sensitive variant of the Beloussov-Zhabotinsky reaction
Andreas Bindler (Otto-von-Guericke Universitat, Magdeburg, Germany)
問合せ先:生命医科学部 吉川研一,剣持貴弘 , 理工学部 塩井章久
3.1.2016 日 時:2016年3月1日(火)10:45-11:45
場 所:医心館北棟 IN409N
The Complex Life of Belousov-Zhabotinsky Droplets
Jerzy Gorecki (Poland Academy of Science )
問合せ先:生命医科学部 吉川研一,剣持貴弘 , 理工学部 塩井章久
2.18.2016 日 時:2016年2月18日(火)13:00-14:00
場 所:医心館北棟4階IN412N(N-B)
Blood Stem Cell Transplantation –Crossroads between Basic and Clinical Science
Prof. Anthony D. Ho (Heidelberg University Hospital)
問合せ先:生命医科学部 吉川研一,剣持貴弘 , 理工学部 塩井章久
12.10.2015 日 時:2015年12月10日(木)13:00-15:00
場 所:医心館北棟 IN409N
金ナノロッドの合成・配列制御、及び運動取り出しに向けた試み
武仲能子 博士 (産業技術総合研究所主任研究員、さきがけ研究者 (JST) )
問合せ先:生命医科学部 吉川研一 ,剣持貴弘 , 理工学部 塩井章久
12.8.2015 日 時:2015年12月8日(火)13:00-14:00
場 所:医心館北棟 IN409N
藻類からマイクロコイルを作る!-バイオテンプレート法とその応用-
鎌田香織 博士 (東京工業大学ERATO彌田プロジェクト)
問合せ先:生命医科学部 吉川研一 ,剣持貴弘 , 理工学部 塩井章久
生命物理科学研究室共催
11.14.2015 私大戦略「細胞自在操作のための分子化学技術の開発拠点形成」スタートアップ講演会
主催:同志社大学ナノ•バイオサイエンス研究センター
開催日時:11月14日(土)13時−17時
開催場所:同志社大学京田辺キャンパス恵道館KD203
プログラム
13:00 開会の挨拶 研究センター長:小寺政人
13:10 グループ1「細胞機能を人工的に制御するためのケミカルツールの創製」趣旨説明:北岸宏亮
13:20 講演①「副作用の少ない抗がん剤の開発:低pH 領域でDNA 切断を促進する金属錯体」講演者:小寺政人
13:40 講演②「細胞間シグナル伝達分子の拡散過程の可視化を目指したプローブ開発」講演者:人見穣
14:00 講演③「生体内物質の選択的除去による生理機能探索」講演者:北岸宏亮
(休憩)
14:30 グループ2「細胞モデルを用いた細胞機能の自在操作技術」趣旨説明:塩井章久
14:40 講演④「不均一場での化学反応と分子ダイナミクスの分光計測」講演者:木村佳文
15:00 講演⑤「コロイド溶液中で形成される細胞膜状構造の秩序化のメカニズムの解明」講演者:貞包浩一朗
15:20 講演⑥「生物的な運動性を示すコロイド」講演者:塩井章久
(休憩)
16:00 特別講演会”Biomedical applications of fluorocarbons and perfluoroalkylated amphphiles” Prof. Marie Pierre Krafft
17:00 閉会
10.23.2015 日 時:2015年10月23日(金)17:30-18:30
場 所:同志社大学寒梅館 ハーディーホール
ナノ空間を利用するシングルサイト光触媒の設計と応用
山下弘巳先生 (大阪大学)
問合せ先:小寺政人
10.24.2015 日 時:2015年10月24日(土)15:00-16:00
場 所:同志社大学寒梅館 ハーディーホール
ルテニウム錯体による水中での有機物の酸化反応
小島隆彦先生 (筑波大学)
問合せ先:小寺政人
09.30.2015 日 時:2015年9月30日(水)15時から
場 所:至心館SC622
非二重らせん構造の核酸の安定化とその生化学的役割
杉本直己先生 (甲南大学)
問合せ先:小寺政人
0.9.28.2015 日 時:2015年9月28日(月)15時から
場 所:至心館SC622
The Amazing Nonheme High-Valent Iron-Oxo Reaction Landscape
Prof. Dr. Lawrence Que, Jr. (University of Minnesota)
問合せ先:小寺政人
09.18.2015 日 時:2015年9月18日(金)14時から
場 所:至心館SC622
Fluorine in Soft Matter Science: Nannotubules, Emulsions, Bubbles & Droplets – A Journey from Self-assembled to Self-ordering Systems-
Prof. Marie Pierre Kraft (Institut Charles Sadron (ICS, UPR CNRS 22), Universite de Strsbourg, Strasbourg, France)
問合せ先:塩井章久,吉川研一
03.06.2015 日 時:2015年3月6日(金)13時半
場 所:医心館4 階IN209N
Hydrodynamic Collective Effects of Active Protein Machines in Solution and Lipid Bilayers
Alexander Mikhailov (Fritz -Haber-Institut der Max-Planck-Gesellschaft, Germany)
問合せ先:塩井章久,剣持貴弘
12.09.2014 日 時:2014 年12月9日(火)17時半
場 所:至心館SC622
BIO-INSPIRED TRANSITION METAL COMPLEXES: SYNTHESIS, REACTIVITY AND APPLICATIONS
Pannee Leeladee先生(Chulalongkorn University, Thailand)
問合せ先:小寺政人
03.08.2014 「ナノ・バイオシステムにおける階層構造の構築と利用」
日 時 2014 年3月8日(土)
場 所 同志社大学京田辺キャンパス 恵道館KD202
09:00-09:10 小寺政人「ナノ・バイオサイエンス研究センターの趣旨説明
研究テーマ1(座長 塩井)
09:10-09:30 北岸宏亮「ポルフィリン/シクロデキストリン超分子錯体の細胞導入法検討
09:30-09:50 古賀智之「時限性を有する自己組織化ペプチドハイドロゲルの開発
09:50-10:10 浦野泰臣「脂質代謝と神経細胞死
10:10-10:30 休憩
10:30-11:00 木村佳文「イオン液体の上均一構造と化学反応
11:00-11:30 吉川研一「混雑環境が引き起こすDNAの構造転移
11:30-13:00 昼食
講演会 (座長 水谷)
13:00-13:30 木田敏之(阪大院)「シクロデキストリン化学の新展開〜非極性場での分子認識〜
13:30-14:00 林 高史(阪大院)「ヘムタンパク質の分子エンジニアリング
14:00-14:30 伊東 忍(阪大院)「銅—酸素の化学:モデルから人工金属酵素まで
14:30-15:00 秋吉一成(京大院)「ナノゲル工学による新規バイオマテリアルの創製とバイオ、医療応用
15:00-15:15 休憩
講演会 (座長 小寺)
15:15-16:15 加納航治「未定」
04.08.2013 日 時:2013 年4月8日(月)16時から17時
場 所:医心館4 階IN209N
Soft Matter Meets Biology : Understanding Principles of Life with Quantitative Tools
田中求教授(ハイデルベルグ大学)
問合せ先:吉川研一,塩井章久,剣持貴弘
03.21.2013 日 時 2013 年3 月21 日(木)13時半から
場 所 医心館4 階IN409N(輪講室N-A)
13:30~14:30 新戸浩幸氏
京都大学大学院工学研究科講師
「動物細胞と粒子の相互作用に関する一考察
14:30~15:30 濱田勉氏
北陸先端科学技術大学院大学マテリアルサイエンス研究科准教授
「脂質膜はナノ粒子をサイズ依存的に識別する
問合せ先:吉川研一,塩井章久
03.02.2013 第1回 ナノ・バイオサイエンス研究センター講演会
日 時  2013年3月2日(土)9時20分から
会 場  同志社大学京田辺キャンパス 恵道館KD202
09:20-09:30 小寺政人 ナノ・バイオサイエンス研究センターの趣旨説明:ナノ・バイオサイエンスを基盤とするスマート材料の創出研究拠点形成」
研究テーマ1(座長 水谷・小寺)
09:30-09:40 水谷 義「複合化技術を鍵とする高性能ナノ・スマート材料の開発」
09:40-10:00 加納航治「シクロデキストリン超分子は真の高性能ナノ・スマート材料となりうるか?」
10:00-10:20 小寺政人「自然に学ぶ高性能スマート材料としての酸化触媒の開発」
研究テーマ2(座長 人見・小寺)
10:35-10:45 人見 穣「次世代バイオ・医療技術を指向した機能集積型スマート材料の創出」
10:45-11:05 野口範子「細胞死の種類とその選択方法」
11:05-11:25 根木 滋「亜鉛フィンガータンパク質の最近の研究動向および今後の展開」
研究テーマ3(座長 塩井・小寺)
11:25-11:35 塩井章久「ナノ・バイオシステムにおける階層構造の構築と利用」
11:35-11:55 吉川研一「細胞の構造・機能の実空間モデリング」
11:55-12:15 八坂能郎「イオン液体中における分子の回転緩和機構:分子動力学シミュレーションによるアプローチ」
講演会 (座長 水谷・小寺)
13:30-14:00 鍋島達弥(筑波大院)「協同的・相乗的機能をもつ分子システムの設計と合成」
14:00-14:30 浜地 格(京大院)「認識と反応のcouplingによる生細胞有機化学の展開」
14:30-15:00 山東信介(九大院)「超高感度生体分子センサー」
15:15-16:15 青山安宏「NMRバイオイメージングの試み」<青山先生最終講義>

問合せ先:同志社大学大学院理工学研究科 小寺 政人
アクセス

 同志社大学研究開発推進機構
 ナノ・バイオサイエンス研究センター
 〒610-0321
 京都府京田辺市多々羅都谷1-3
 同志社大学京田辺校地
  

 公共機関によるアクセス

 近鉄 「興戸」駅から徒歩15分
 近鉄 「新田辺」駅からバス・タクシーで8分
 近鉄 「三山木」駅からバスで5分
 JR 「同志社前」駅から徒歩10分