FUKUDAJUNrogo    
 
 
研究業績
研究論文
口頭(学会)発表
その他の研究業績
出版物
研究助成
 
担当授業
その1
 
BLOG
研修・セミナー
出張講義
 
 
about me

はじめに

この度、個人ホームページを公開することになりました。
今までの研究を振り返り、今後の道しるべとしてゆきたいと思います。
是非、ご意見、アドバイスなどをいただきたいと考えております。
よろしくお願いします。
平成26年9月26日

 

スナップ3

研究テーマ

 私はこれまでコーポレート・ガバナンス(企業統治)に関する研究をしてきました。
これまで日本では企業間による株式の持ち合いが多く、敵対的買収などは生じにくいとされてきました。
しかしながらこの10年ほどで、株主総会で経営者と投資家が対立する場面が増えてきました。
これらの投資家は年金基金などから資産を委託され、投資を行っています。ここから派生して最近は企業が勤務している従業員の退職後の生活ために設立する、企業年金に関する研究を行っています。
日本は公的年金よりも個別企業の退職給付(企業年金と退職一時金)が先に発達したため、のちに政府が公的年金を拡充するにあたって、退職給付と公的年金の調整が問題となりました。これらの企業年金は日本の社会保障体系の中で大きな役割を果たしてきたとされています。

 しかしながら近年、運用利回りの低下や会計制度の変更など企業年金の取り巻く環境は急激に変化しています。
たとえば、企業年金の運用リスクを企業年金ではなく加入者(従業員)側へと移転させた企業や企業年金そのものを廃止した企業も出てきました。
加えて公的年金の受給開始年齢も引き上げられており、高齢者の所得保障は今後大きな課題となるでしょう。このような現代の年金制度が抱えている課題に加えて、これらの制度ができた時の経緯などについても研究をしていく予定です。
 
What's new
平成26年9月26日

個人ホームページを公開しました。

 
 
上に戻る
 
ホーム | サイトマップ | リンク